最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

婚活アプリは写真が命!38歳女性が300人からアプローチされたウラ技

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


【アラフォー婚活の現実 Vol.3】

婚活市場において、残念ながら、女性の年齢はとてもシビアに査定されます。圧倒的に有利なのは20代。30代前半でも、まだ十分に需要があります。しかし、35歳を過ぎると一気に市場価値は急落することを実感します。

私は37歳で結婚相談所に入会しましたが、かなり条件の悪い男性か、一回り以上年上の男性しか紹介されませんでした。そのため、結婚相談所はすぐに退会して、活動の場を婚活アプリへと移しました。

そして、試行錯誤を繰り返した結果、男性からたくさん「いいね!」をもらうためのコツが少しずつわかってきました。

38歳で「Yahoo!パートナー」に登録した時は、1ヶ月で300件近い「いいね!」を獲得することに成功(「いいね!」をくれた相手に、「ありがとう!」を返すことでマッチングが成立し、メッセージのやりとりが始まります)。その方法をご紹介します。

◆画像加工アプリで、ほどほどに若返り加工する

婚活アプリで男性が真っ先に見るのは、プロフィール写真です。そのため、たくさん「いいね!」をもらうためには、写りのよいプロフィール写真を載せることが大切。特にメイン画像は顔がはっきりわかる写真を用意するのがおすすめです。

私の場合は「Beauty Plus」という無料で使える画像加工アプリで、雰囲気を若返らせた写真を掲載していました。どのくらい加工できるのか、アラフォー女性モデルの写真で検証していきたいと思います。

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=768404

「Beauty Plus」で加工すると、若々しく大変身!

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=768405

アプリを駆使すると、肌を若々しくさせ、顔の輪郭もすっきりさせることができます。ただし、やりすぎには気をつけましょう。

画像加工アプリを使えば、もっと目を大きくしたり、フェイスラインをシェイプさせることが可能です。しかし修正をかけすぎると、自分とは全く別人になってしまうおそれが!

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=768406

ここまでくると、やりすぎに! この写真は瞳をかなり大きくし、あごのラインをシャープに加工しています。もはや原型を留めていなくて、明らかに不自然です。プロフィール写真を見た人にも「これは加工をしているな……」と一発でバレてしまいます。

私はアプリで加工した写真を掲載していましたが、実際に男性とお会いしたときに「写真と別人ですね!」と指摘されたことは一度もありません。それは、印象を若返らせても、顔のパーツ自体は大きく変えていなかったからだと思います。

画像加工アプリを使うとつい盛りすぎたくなりますが、そこはグッとこらえて、修正はほどほどに。数年前の自分、ちょっと痩せたときの自分をイメージしながら、たまたま撮れた「奇跡の一枚」風の写真に仕上げるのがポイントです。

◆サブ写真はライフスタイルがイメージできるカットを

婚活アプリで最も注目を集めるのはメイン画像ですが、サブ写真もかなり重要度が高いです。サブ写真は趣味など自分のライフスタイルをイメージしやすい写真が理想です。旅行、スポーツ、料理、ペットなど。必ずサブ写真にも自分の姿を入れると、好感度が上がります。

また、ハイスペックな男性からアプローチしてほしい場合は、サブ写真をあえて「セレブ見え」する写真にするのがおすすめです。

フレンチなどリッチなディナーを楽しむ姿、ワインなど高そうなお酒を飲んでいる、和服姿、ピアノを弾いている、高級ホテルに宿泊している、ゴルフをしている……etc。

一般的なサラリーマンだと「この女はお金がかかりそうだな」と思わず尻込みしてしまうような写真をあえて載せておくのです。私が試験的にこういった写真を掲載していたところ、「いいね!」をつけてくれた男性の過半数は年収1000万円以上のハイスペックでした。

このように、プロフィール写真の加工とセレクトを工夫することで、アラフォーでもたくさんの「いいね!」をもらえることが可能です。若返り加工に抵抗を感じる人がいるかもしれませんが、運よく奇跡の一枚が撮れたと思えば、全然ありなのではないでしょうか。

―アラフォー婚活の現実 Vol.3―

<TEXT/Rikako>


外部リンク(女子SPA!)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス