最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

井上真央、“毒親”仲間由紀恵と初共演で対峙!ドラマ『明日の約束』が初回から熱い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
井上真央主演の新ドラマ『明日の約束』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜22:00~)が、17日より初回20分拡大でスタート。第1話から仲間由紀恵演じる“毒親”とのバトルが繰り広げられる。

本作は、井上演じるスクールカウンセラー・藍沢日向が勤務する椿が丘高校で起きた、男子生徒・吉岡圭吾(遠藤健慎)の不可解な死の謎を追う完全オリジナルのヒューマン・ミステリー。「最後に味方になってあげられる大人」として、生徒に暖かい眼差しを向けていた日向が、ある日、不登校の圭吾のことを気にかけ、担任教師の霧島直樹(及川光博)と家庭訪問に向かう。そこで息子に過干渉で過保護な“毒親”真紀子(仲間由紀恵)と出会ったことから、穏やかな日常は急変していく。

真紀子は息子への日向の接触を妨げ、家庭訪問や聞き取り自体を「息子にとってのストレス」だ、として強くけん制。さらに突き刺すような眼差しで、不登校自体を学校のせいだと主張する。そんな彼女に対して、日向は疑念と反発を抱く。初回から対峙することになる初共演の井上と仲間。井上が「日向にとって、手ごわい」と語る真紀子との対決は、今後、緊迫感を増しながら、物語の大きな軸として描かれていく。

また、“毒親”真紀子と謎の死を遂げる息子・圭吾の関係も物語の鍵を握る。圭吾を「圭ちゃん」と呼び、溺愛する真紀子は、息子の外部との接触を制限するために、ささいな行動の変化も見逃さない。スマートフォン、SNSにも真紀子の監視の目は向けられ、その徹底された束縛は、見るものに恐怖感すら抱かせる。共演者から現場で「かわこわ」(可愛いけど、怖い)とささやかれる仲間の“怪演”はドラマの大きな見どころとなる。

そして負けずとも劣らずに異様な気配を漂わせるのが、日向とその母・尚子(手塚理美)との関係。日向にとって母親は、カウンセラーを志したきっかけにもなった“好きになれない”存在。第1話で日向の口から飛び出す「中学生の時、ブラジャーを買ってくれなかった」という発言は、幼少期からいびつな親子関係であることを如実に表している。尚子から、日々の言動を改善するための「明日の約束」という交換日記を強制的につけさせられていた日向。“毒親”真紀子と対峙する中で、自らの母親の姿を重ね合わせ、関係に悩み、向き合っていくことになる。

『嘘の戦争』『銭の戦争』などを手掛けてきたカンテレの河西秀幸プロデューサーは「単なる犯人さがし、謎解きではない。視聴者の心にザクザクと問いを投げかけていく」と抱負を語っている。

外部リンク(テレビドガッチ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス