最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

「正直そのカッコに引いてます……」男たちがガッカリする40代の痛コーデ4選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

だんだんと気候が秋めいてきたここ数日。週末に、秋冬アイテムを購入したり、ワードローブの衣替えを始めた人も多いのではないでしょうか。これから断捨離をしたりショッピングする機会が増える今だからこそ、知っておきたい「男性たちが一目でドン引きする」アラフォーコーデ。「楽だから」「機能的が一番」「まだ似合うし」などと、つい自分のファッションに心の中で言い訳をしてしまう人は必見です!

①ファー付きの白ショートダッフルコート



「可愛く見られたいっていう無言のアピールがすごい」金融・42歳

「これが許されるのは20~23歳くらいまでだと思う」代理店・34歳

「合わせ方だろうけど、甘すぎて生理的に無理」営業・48歳

重い印象になりがちな秋冬コーデに、白アウターを合わせるとパッと明るくなるので、つい選びたくなるのが白コート。しかし、首もとのファーやダッフルのデザイン、さらにショート丈と可愛らしい要素が詰まったコートはアラフォーには甘すぎて若作りになりがち。ダッフルならファーなしでロング丈、色はダークカラーやあえて暗めの赤やグリーン、パープルなどの色を選ぶ方が、大人の女性らしい着こなしになります。

②赤のチェックスカート




「どうしても高校の制服を連想してギャップを感じる」保険・39歳

「民族衣装っぽい。単純に派手」教師・44歳

「チェックのスカートでも、他に選択肢があるはず」食品メーカー・47歳

今シーズンビッグトレンドのチェック柄。顔から離れたボトムなら取り入れやすいからと履きたくなりますが、膝丈フレアやボックスプリーツのチェックスカートはただでさえ着こなすのが難しいアイテム。アラフォーが履くなら、グレンチェックや落ち着いた色の膝下タイトスカートか、ミモレ丈がおすすめ。トップスは、黒やグレー、ダークグリーンやブラウンなどの引き締めカラーのニットですっきりと合わせるのが鉄則です。ふわふわの白やピンクのシャギーニットだと、若作り感が倍増するので要注意!

③インナーダウンベスト




「寒いなら、最初からダウンコートを着れば?」コンサル・42歳

「コートから見えるお腹部分が段々になっていて虫みたい」公務員・40歳

「ダウンベストってお婆ちゃんが着ているちゃんちゃんこに見える」銀行・32歳

温度調節も簡単で、すっきりと着られる薄手のダウンベスト。チェスターコート一枚では寒い日などにぴったりのアイテムですが、男性受けはいまいち。重ね着のレイヤードを楽しむ、という文化のない男性からすると、インナーにダウンを着る、ということがすでに不思議な様子。さらに男性からするとダウンベストはアウトドアのカテゴリーに属しているようで、オフィスに着ていたりすると違和感を感じるんだとか。冷え性かつ温度差に弱いアラフォーの救世主アイテムではありますが、着用シーンを検討した方がいいかもしれません。

④ロゴ入りパーカーワンピ




「ワンピースにパンツの重ね着は普通にダサい」公務員・40歳

「ロゴの感じが中~高校生が着ていそうで子供っぽい」司法書士・36歳

「まだ無地のパーカーの方がマシ、ワンピースの意味がない」カメラマン・43歳

つい休日などに手を伸ばしたくなる、暖かくてラクちんなパーカーワンピ。伸びのいいレギンスパンツを合わせれば、ストレスフリーで最高のリラックスコーデです。しかし、やっぱり男性からは大不評。まず、みんな口を揃えて言うのが、パーカーにロゴが入っているのが子供っぽくてダサいという意見。Tシャツでも言えることですが、アラフォーにロゴものは危険度が高いので、できるだけカジュアルアイテムはシンプルなものを選ぶのがおすすめです。そして、チュニックにしろワンピースにしろ、パンツを重ね着は男性受け最悪、ということだけ覚えておいた方がいいようです。似たようなスタイルなら、シンプルなスウェットにデニムを合わせるのがおすすめ。

以上、いかがだったでしょうか。男性からすると、「若作りNG」「甘すぎNG」「品のない服NG」「重ね着NG」など、特有のドレスコートがたくさんあるようです。全ての男性に当てはまる訳ではありませんが、こういう意見の男性も世の中にいるということで、大人になればなるほど「シンプルで上品、きちんと感」を大事にした着こなしをするのが失敗しないポイントになりそうです。

外部リンク(OTONA SALONE)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス