最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

馬場ふみか セクシーに進化する”神の造形”ボディを堪能

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「週刊プレイボーイ44号」(10月16日発売・集英社)では、今や「週プレ」の顔ともいうべき存在となった馬場ふみかを大特集する。
グラビアに初挑戦した2014年からの3年間のグラビアから未公開カットを、ミニ写真集Book in bookとして収録。更に、10月18日(水)に発売となる『2018カレンダーブック』から未収録カットを巻頭グラビアとしてお届けする。
WPB1030_cover
馬場がグラビアに初挑戦した2014年から、この夏に故郷・新潟で撮影した2017年のカットまで、その歩みを追い続けた「週刊プレイボーイ」だからこそ実現した全16ページ、オール本誌未公開カットによるファンならずとも必見の馬場ふみかスペシャルミニ写真集。写真はすべて馬場本人がセレクト。北海道、沖縄、台湾、ハワイ、そして東京、さまざまな場所で見せた、そのときそのときの彼女の表情、そして代名詞ともいえる神の造形“パーフェクトボディ”を堪能してほしい。
馬場は「ミニ写真集のほうは全部自分で選ばせていただいたので、お気に入りのカットばかりです!一番は選べませんが、12月の北海道の雪原で撮ったカットは思い出深いですね。このロケのとき風邪をひいていて、この撮影で悪化して(笑)。それでよく覚えています」と振り返った。
巻頭グラビアは、10月18日(水)発売の『馬場ふみか2018カレンダーブック』には入らなかったアザーカットで構成。今号は表紙+ミニ写真集+巻頭グラビアで全25ページの馬場ふみか大特集号となる。正月、GW、お盆と、今年三度、合併号の表紙を飾ってくれた馬場だが、四度目の表紙である今号のグラビアが年内最後の撮り下ろし。12ヵ月間を彼女と一緒に過ごしているかのような、季節感あふれる写真を掲載している。「カレンダーブックの写真は、昨年作った写真集『色っぽょ』が満足いく仕上がりだったので、それとは同じ方向性のものではなく、違うアプローチで作ってみようと。今回はゆるい感じの写真が多くて、『色っぽょ』と同じく満足いく仕上がりになりました」と馬場。ファンならずとも大いに楽しめる”馬場ちゃんづくし”の1冊だ。
ⓒ三瓶康友/週刊プレイボーイ

外部リンク(dwango.jp news)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス