最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

『週プレ』主催の『ミスグラジャパ!』開催 魅惑のグラドルが35名揃い踏み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

©sirabee.com

『週刊プレイボーイ』(集英社)が全面バックアップし、コンテンツ配信サイト『週プレグラジャパン』が主催するオーディション『ミスグラジャパ!』が開催。

その2次審査が7日に都内のスタジオで行われ、審査を通過した35名のお披露目に、しらべぇ編集部も取材に訪れた。

■グランプリは誰の手に?


©sirabee.com

デジタルコンテンツに親和性の高いタレントを発掘・育成するを目的に、将来期待の大型新人グラビアアイドル発掘オーディション。

グランプリ受賞者は、デジタル写真集の刊行と『週刊プレイボーイ』にてグラビアを掲載される。

またモバイルコンテンツ『週プレモバイル』での短期集中連載を開始。さらにデジタル写真集の売り上げが3000部を達成した時点で『週刊プレイボーイ』の表紙と巻頭グラビアを確約。その他にも様々な露出を予定している。

■総勢35名が2次審査を通過


©sirabee.com

2次審査を通過したのは、二階堂栞、辻七海・三井瞳、夏木あゆ、齋藤英未莉、土川可奈子、島崎由莉香、桜りん、桜井みき、遠藤星七、中西渚、紫つみき、南まりや、緒方咲、瀬戸みさき、大塚びる、葛城聖菜、飯島えれな、香衣、すずらん、牧野紗弓、七尾カンナ、工藤夏希、宮里ゆりは、武井玲奈、NK、伊東みおな、望月美遙、神楽まな、渡邊あかり、合田柚奈、加藤未来、藤原みやび、藤咲凜奈、門桜まりんの35名。

■それぞれが個性的なアピールを展開


同オーディションでは、グラビアアイドルのみならず、アイドルユニットに所属していたメンバーやモデルやお笑い芸人、会社員、女子大生と様々なタイプの35名の個性が集まっている。

©sirabee.com

すでにグラドルとして活躍をしている牧野紗弓は、

「私は日本とインド系ガイアナ人のハーフです、ガイアナは日本に9人しかいないレアなハーフ。チャームポイントは腰とお尻です。太ももの肉付きはガイアナ人ならでわのガイアナボディ。南米特有の体型をチャームポイントとしてグラビア活動をてれいます」

とハーフの特性をアピールした。

©sirabee.com

舞台を中心に活動をしていて現在グラビアでも活動している大塚びるは、「現在は28歳ですが、今年からグラビア活動をしています。たくさんの方に笑顔と元気を与えられたらと思っています」とコメント。

©sirabee.com

2017年度ミスユニバース和歌山代表として活動している中西渚は「いま流行のモグラ女子として今後出て行きたいと思っています」と意気込んだ。

©sirabee.com

同オーディションは、10月16日から予選がスタート。ウェブ投票、マシェバラネット放送、撮影会による累計ポイントで決勝進出する10名が決定。

11月18日からの決勝でも同様の方式で、12月16日まで争いグランプリが決定する。

・あわせて読みたい→仮面女子の窪田美沙と立花あんな、法務省の広報大使に 室長もライブに飛び入り 

(取材・文/しらべぇ編集部・ブレーメン大島

外部リンク(しらべぇ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス