最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

作家・香取慎吾、喜び爆発「とっても幸せ!」 アート展に絵画2作品を出展

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SMAP香取慎吾(40)が「作家」として13日、都内にて開催されたアート展「日本財団DIVERSITY IN THE ARTS企画展 ミュージアム・オブ・トゥギャザー」のレセプションに登場した。同アート展は、多様な個性を認める社会の実現を目指し、障害者の芸術文化支援を目的としたもの。自身の作品を出展した香取は、障害者や現代美術家など23人の参加作家を代表してステージで挨拶した。香取の嬉しさが伝わってくる喜びいっぱいの挨拶となった。

22名の作家と作品が紹介された後、香取慎吾は大きな拍手に迎えられてステージに登場、「みなさん、こんばんは。作家の香取慎吾です」と笑顔で第一声を発した。「作家と紹介されるなんてすごくおこがましく、正直すごく嬉しいです。絵を描くのが大好きで、今までたくさんの絵を自分の心をぶつける場所として描いてきたんですけど、こういう展覧会に出展させていただくのは初めてのことで、こんなに素晴らしいアーティストの皆さんの作品の中に自分の絵が飾られているというのが本当に嬉しく思っています」と喜びいっぱいの心境を明かした。「やはり作品として一人でも多くの方に作品を見てほしい」という香取は、「僕の絵も皆さんの作品もたくさんの方々に見ていただけたら」と期待を寄せた。そして「今回は本当に参加できてとっても幸せです。ありがとうございました」と挨拶を締めくくった。

今回展示される香取の作品は「イソゲマダマニアウ」「火のトリ」の2作品。「イソゲマダマニアウ」(2010年)は油性マジックで描かれたもので、香取は「こんなアニメがあったら面白いなと思って描き始めました。骨になってしまった2人のカップルがいて、もうすっからかんで『自分たちどうしたらいいんだろう』とこの先を見失った2人を飛行機なのか船なのかが『急げ、まだ間に合うよ』と支えてくれているような絵」と自ら解説。デコレーションペンで描かれた「火のトリ」(2014年)は「仕事場で描いた絵。打合せしていて頭がいっぱいいっぱいになって中断していただいて、その辺にあったダンボールに描きなぐった。どこか遠くに羽ばたきたいと心の中で煮詰まったときに絵を描いて次に進める」と説明した。

挨拶の後は、レセプションに出席した他の10名の作家と和やかに談笑する様子も見せた香取、ステージから去り際に報道陣から声をかけられると「すごい嬉しいです。新しいこと始まっています」と答えて降壇した。2020年東京パラリンピック大会のオフィスエントランスの壁に巨大壁画を描くなど、以前からアート活動に取り組んできた香取。9月にジャニーズ事務所を退所後、株式会社CULENで再始動した香取の「新しいこと」が注目される。

「日本財団DIVERSITY IN THE ARTS企画展 ミュージアム・オブ・トゥギャザー」は、今月13日から31日までスパイラルガーデン(東京都港区)にて開催。香取の他、障害者や現代美術家など22人の参加作家による約500点を展示し、誰でも楽しく、居心地よく過ごせる環境を提供する。香取は「僕もここに何回も来ます。僕とここで握手!」と自身も来訪すると明言していた。

(TechinsightJapan編集部 関原りあん)


外部リンク(テックインサイト)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス