最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

香取慎吾、作家として登場「とっても幸せ」 心の爆発を絵にぶつける

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SMAP香取慎吾が13日、東京・スパイラルホールで行われた日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS企画展「ミュージアム・オブ・トゥギャザー」のレセプションに登場した。

同企画展は障害者や現代美術家等の作家が参加し、資料や模型などのアーカイブから構成する期間限定の美術館。アートを「心理的・精神的に安定した状態を生み出し、維持するための能動的な道具」として捉え、鑑賞者が能動的に参加出来る展覧会だという。香取は、2010年の作品「イソゲマダマニアウ」と、2014年の作品「火のトリ」を展示している。

23人目の作家として現れた香取は「みなさんこんばんは、作家の香取慎吾です」とはにかみながら自己紹介。「作家! 作家と紹介されるなんて、すごくおこがましく、しかし正直に、すごい嬉しいです」と喜びを表した。企画展には初出展となるが「こんなに素晴らしいアイーティストの作品の中に、自分の絵が飾られてるのを本当に嬉しく思っています」と語る。

香取はさらに、「僕は自分の思いとか心が爆発しそうな時に、それを絵にぶつけて気持ちが安らいで、その絵は終わるんですけど、やっぱり作品としてどこか一人でも多くの人に自分の絵を見て欲しいという思いはある」と心境を吐露。今回はたくさんの来場者が予想され、また「車椅子でも見やすくアートを楽しめるような展覧会になっています」と説明し、「31日までです! 僕も何回も来ます! 僕とここで握手! ぜひアートを楽しみに遊びに来てください」とアピール。「とっても幸せです」と笑顔を見せた。

外部リンク(マイナビニュース)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス