最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

彼氏の愛が冷めたと分かるサイン10個!そのとき彼女がやってはいけないことは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

相手の気持ちが自分から離れていっているときに気付ける自信がありますか? 彼の心があなたから離れていっているときは、少しの減点行動が命取りになります。では、彼の愛が冷めたときに見せるサインと、彼女がやってはいけないこととは何でしょうか?

1:パートナーに対して冷めた気持ちを持ったらどうしますか?


付き合っているパートナーに対して、自分が冷めてきたなぁって感じたことはありますか? もしそうなってきたら、あなたはパートナーにどう接するでしょうか?

好きだからこそ一緒にいて楽しいのであって、愛情が薄れている状態で彼と一緒にいすぎると、余計にあらばかりを探してしまうかもしれませんね。では、男性はどうなんでしょうか?

2:彼女への気持ちが冷めた「彼氏の言動」5個


男性たちに、彼女への気持ちが冷めたときどんな行動をしたか、聞いてみましたよ!

(1)自分からは連絡しなくなった


「僕の場合はわかりやすく、自分からの連絡の回数が減りましたね。相手から連絡が来たら返すけど、自分からはするのがめんどうになったっていうか。しばらくは彼女は気付かなかったみたいですけどね」(Tさん/30歳)

(2)2回に1回はデートを断るようになった


「デートを減らしたいなって思ったけど、完全になくそうとすると彼女がうるさそうだったから、とりあえず仕事が忙しくなったってことにして、2回に1回くらいはデートを断るようになりました」(Iさん/28歳)

(3)エッチを求めなくなった


「愛情が冷めてもエッチはしようと思えばできるんですけど、それはさすがに彼女に失礼な気がしたので、エッチをこちらから求めるのはやめました。でも彼女が誘ってくれたときには喜んで!」(Gさん/26歳)

(4)プレゼントを買わなくなった


「僕、結構女性というか彼女に小さいものでもプレゼントをあげて喜ぶ顔を見るのが好きなんですけど、それをする気にならなくなったので、プレゼントがなくなったかなぁ。彼女からねだられても拒否してました」(Fさん/27歳)

(5)男友達との飲み会が増えた


「彼女といてもつまんないから、男友達と飲み会に参加する回数が増えましたね。彼女への愛情たっぷりだった時期は一応遠慮してたんですけど。まぁ、嫌われてもいいかなって思えてきちゃって」(Sさん/31歳)

3:彼女への気持ちが冷めた男性が見せるサイン10個


では、ここで男性たちの意見を元にしながら、彼女への気持ちが冷めた男性が見せるサインを紹介していこうと思います。あなたの彼は大丈夫ですか?

(1)連絡の回数が減る


一番に出るサインとしては、彼からの連絡頻度が減ることです。あなたから連絡したら返事が返ってくるから大丈夫と思うのは要注意。男性の中には、相手から来た分には返すのが礼儀と思って、気持ちが冷めていてもしっかり返してくる人もいるからです。

(2)デートの回数が減る


連絡と同時にデートの回数が減り始めたら危険信号かも。彼は「仕事が忙しくて」と言っているかもしれませんが、それはわかりやすく、いちばん使いやすい理由だからかもしれません。

(3)デートプランを立ててくれない


男性に話を聞いてみると、好きな相手を喜ばせるためにデートプランを考えるのは楽しいけれど、気持ちが冷めた相手のために必死で考える気にはならなくなるそうです。なので、家でDVDとか適当にご飯食べて終了、なんてデートが増えたら危険です。

(4)エッチを求めてこない


会ったら必ずと言っていいほどエッチを求められていたのに、デートしてもエッチはしないってことが続いたりしていませんか? それは彼の気持ちが冷めたり別の女性に向いているサインかも。

(5)飲み会が増えた


彼が仕事や男友達との飲み会に参加する頻度が多くなるのも、彼女への気持ちが冷めたときのサインの一つです。「男しかいない場所だから大丈夫!」と思っていたら、そのままフェードアウトして自然消滅なんて結末もありえます。

(6)秘密が増える


彼女への気持ちが冷めると、男性たちは彼女からの詮索をめんどうだと感じるそう。なので、「何してるの?」とLINEしても「別に」とか「特に何もしてない」などと答えたくなるのだとか。

今までなら「今は○○のDVD観てるよ」と返してくれた彼氏が、「別になんにもしてない」と答えてきたら、あなたへの関心が薄れている可能性があります。

(7)エッチしないなら会いたくない


(4)でエッチを求めてこなくなるというサインの話をしましたが、ヒドい男性になると「エッチだけは彼女としたいけど、それ以上は何もしたくない」と考える人もいるそうです。

なので、「会ってすぐエッチをして、ご飯を食べてサヨウナラ」という感じのデートも危険信号。愛がなくてもエッチのために彼女を繋ぎとめておくなんて……最低ですね。

(8)SNSへの投稿から彼女が消える


ラブラブな時には、彼女とのデートを実況中継のようにSNSにアップしまくっていた彼。そんな彼のSNSから彼女との投稿が減り始め、ほとんどなくなったなら気持ちが離れている証拠です。

(9)彼女のSNSをチェックしなくなる


愛が冷めるとは、相手への関心がなくなるということ。なので、それまではしっかりと彼女をSNS上でも見張っていた彼が、特にコメントをしてこなくなったり、チェックしてこなくなるのも冷めてきているサインです。ネットストーキングも彼の愛ゆえの行動なんですね。

(10)男友達と遊んでも怒らなくなる


男性に聞いたところ、「別れてもいいかな」と思っている彼女なら、多少別の男と遊んでくれた方が別れる口実が作れて好都合と考えているそうです。彼の嫉妬を誘おうと「○○君と遊んできてもいい?」と言って「いいよ。好きにすれば」と返ってきても、喜んではいられませんよ!

4:「気持ちが冷めた彼氏」に対してやってはいけない3つの言動


こんな風に彼氏の態度が変わってきて、自分への愛が冷めてきているなと感じたときやってはいけない行動とは何なのでしょうか?

男性たちに話を聞いたところ、「そのまま別れへ一直線」する行動は、

「私のこと愛してくれてないの!?」と詰め寄ってくる

「好きじゃないならほかの女のところでも行けばいいじゃない」と言われる

泣きながら必死で愛を求めてくる


などのようです。どれも言われたらとにかく鬱陶しく感じてしまい、そのまま「ムリだから別れよう」と言いたくなってしまうそう。こんな風に感情的にならずに、徐々に彼の愛を取り戻す方法を模索した方がよいようです。
泣きながら必死で愛を求めるのは……絶対にダメ!

5:「彼氏に冷めた瞬間」の彼女の言動5個


ここまで男性側の心が冷めた時のことを紹介してきましたが、今度は女性側に「彼氏に冷めた瞬間」にとった行動を聞いてみました。

(1)ほかの男友達と遊び始めた


「それまでは彼氏に禁止させてたというか、彼が悲しむだろうなって思って我慢してたけど、彼に冷めてきたときに“もういいや!”って思って。男友達を含むグループと遊び始めましたね」(Hさん/27歳)

(2)ひとりでバーに行った


「半分無意識でもあったんですけど、彼ともう終わりだなって感じたときに、すごくオシャレしたくなって。オシャレをしてみたら、無性に出かけたくなって、ひとりでバーに飲みに行きました。今思えば、ナンパされたかったんだろうなって」(Sさん/28歳)

(3)彼からの連絡を遮断


「私、気持ちがない相手との連絡を普通に続けるとかムリなんで、冷めた瞬間から、彼からの連絡に反応しなくなりました。もちろん返事するにはするんですけど、それまではすぐに返してたのを、半日に1回まとめてにしたりとか。極端に減ったと思います」(Aさん/30歳)

(4)笑わなくなった


「自分でも冷たいなぁって思うんですけど、恋は盲目って言葉の逆で、恋心から冷めると“こんな人のどこがいいんだろう?”って客観的に彼を見るようになっちゃって、彼と一緒にいても笑顔が減りましたね。全然楽しくないんですもん」

(5)合コンに参加した


「私は、わかりやすく次を探し始めましたね。寂しがり屋なので、彼氏が長い時間いないのに耐えられないんですよ。だから、彼とまだ付き合っている間から友達にお願いして合コンに誘ってもらうようにして。いい感じの人がいたらキープしておこうと思って」(Iさん/29歳)

6:彼氏と別れたいと思ったらすべきこと


彼への気持ちが冷めてしまったら、「もう別れようかな」と思うのは自然な流れです。ただし、別れの前にちょっと次のことにも気をつけてみてください。

別れ話の前にすべき、気持ちの取り戻し方


自分の気持ちが彼から離れていると感じたら、そのときの気持ちの勢いに任せず、冷静になって「本当に別れても後悔しないのか?」考えてみましょう。

別れ話をしてしまったあとで気が変わったとしても、相手の信用や愛を取り戻すのは大変です。「ごめん気の迷いだった」と言うわけにはいかないので、彼にされて嬉しかったこと、彼との楽しかった思い出を振り返ってみて、本当に自分の中に彼への気持ちが残っていないか確認してみるのです。

彼氏にまだ気持ちがある場合の別れの切り出し方


自分の方は縁を切っても後悔しないと決意できたとしても、彼が自分のことを愛してくれている場合は、別れの切り出し方にも注意が必要です。

いきなり別れを突きつけると、相手も動揺してしまいます。できれば徐々に距離を置いて、なんとなく相手に自分の気持ちを察してもらったほうがすんなりと別れられるでしょう。

また、「あなたのことなんて少しも好きじゃない」など強い口調で別れを告げると、逆上されてしまう危険もあるので、あくまで冷静に。「話したいことがあるの」と話を切り出すといいでしょう。

どんなに好きな相手でも、愛情が冷めかける場面や冷めてしまう場合はあります。そんな時でも、お互いにとっていちばんいい形で終わりを迎えられるといいですね。

外部リンク(Menjoy!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス