最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

手は抜かず「腕」を抜く! 今季は「羽織るジャケット」が新常識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マスキュリンスタイルを決めるジャケットが、何年か振りにトレンド戦線に再浮上の兆し。
ただ、あくまでカチッと着るのではなく、袖を通さず、さらりとラフに羽織るのが今年流。着こなしのポイントは抜け感。きちんと感のあるジャケットに、カジュアルアイテムをプラスしてドレスダウンすることで、こなれた雰囲気を演出できます。今回は永遠の定番、紺ブレザーと今季トレンドのグレンチェック柄をピックアップしてご紹介します!

☆詳しくは『InRed』2017年11月号に掲載☆

■マニッシュなジャケットは、パールのあしらいとデニムで甘辛に



ニットの上にグレンチェックのウールジャケットを肩掛け。パールネックレスとデニムのラインパンツで上品カジュアルに。

ジャケット¥32,000(カレン バナー バレット/バナー バレット ルミネ新宿1) 
ニット¥7,800※11月上旬発売予定(ミラ オーウェン/ミラ オーウェンルミネ新宿2店) 
パールネックレス¥4,200※12月上旬発売予定(ミラ オーウェン/ミラ オーウェンルミネ新宿2店) 
デニム¥24,000(マカフィー/トゥモローランド)
バッグ¥50,000(ピービーゼロワンワンゼロ/ビオトープ) 
バングル¥14,000(メゾン ボワネ/ナノ・ユニバース カスタマーサービス)
ピアス¥9,000(ドミニク ドゥネーヴ/ナノ・ユニバース カスタマーサービス)

【Pick up items】
今期トレンドの大本命! グレンチェック柄ジャケット




右_ウールチェックの3つボタンジャケット。長めの丈感が今季らしい。
¥25,000(ナノ・ユニバース/ナノ・ユニバース カスタマーサービス)

中_落ち着いたグレンチェックのジャケット。カジュアルなボトムを合わせて変化を楽しんで。
¥22,000(ステュディオス×ナイン/ステュディオス ウィメンズ 新宿店)

左_ブラウンの色合いがクラシカルなムード。
¥49,000(ドレステリア/ドレステリア 銀座店)

■白T&スカーフアレンジで紺ブレを粋に着こなす



クリーンな白Tに紺ブレを颯爽と羽織り、軽さと抜け感を出したジャケットスタイルが完成。温かみのあるコーデュロイのワイドパンツや、ファーのミニバッグを合わせて季節感を演出。

ジャケット¥36,000(ティッカ) 
Tシャツ¥1,900(フルーツ オブ ザ ルーム/FTLジャパン) 
パンツ¥23,000(シンメ/ドローイングナンバーズ 南青山店) 
バッグ¥18,000(リバティ ベル/ナノ・ユニバース カスタマーサービス) 
スカーフ¥7,000(マニプリ/フラッパーズ) 
イヤリング¥4,200(ミラオーウェン/ミラ オーウェン ルミネ新宿2店)

【Pick up items】
プレッピースタイルを決める永世定番、紺ブレザー




右_金ボタンのシングルブレザー。ウールブレンドの温かな肌触り。
¥16,000 ※11月上旬発売予定(ミラ オーウェン/ミラ オーウェン ルミネ新宿2店)

中_ベーシックなウールジャケット。裏地が背抜きで、軽やかな羽織り心地。
¥43,000(シップス プライマリーネイビーレーベル)

左_ボタンの付け替えでシングルにもダブルにもなる2WAYタイプ。
¥45,000(ドレステリア/ドレステリア 銀座店)

お気に入りは見つかりましたか? 着こなすのが難しいイメージがあるジャケットですが、手持ちのカジュアルアイテムと合わせるだけで、ぐっと今年っぽいスタイルが決まります。ただし、あくまで袖は通さず羽織るのがポイントですよ!
本誌では、この他にもさまざまな「羽織るジャケット」スタイルを提案していますので、気になる方は『InRed』11月号を是非ご覧下さい!

Photographs=Fumi Kikuch〈i impress+〉(model),Takehiro Uoch〈TENT〉(still) 
Styling=Kayo Hayashi 
Hair & make-up=Aoi Nagasawa 
Model=Sayo Y 
Text=Risa Shiraishi, Takarajima-online

※誌面画像の無断転載はご遠慮ください



↑『InRed』11月号の付録は「ビームス ライツ ふわふわで心地いい! ファーの2個セット」です

『InRed』最新号のお知らせ


外部リンク(宝島オンライン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス