最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

永井豪画業50周年『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』 EDテーマには吉川晃司「The Last Letter」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ロケットパンチなど多彩な武器や、出撃シーン、合体シーンなど、その後のロボットアニメの特徴を全て含んだ、原点にして伝説のロボットアニメで、搭乗型巨大ロボットアニメの元祖として知られる「マジンガーZ」。今年画業50周年を迎える永井豪のスーパープロジェクトとして、45年の時を経て復活する『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』が、2018年1月13日(土)より全国公開が決定。そして本作のエンディングテーマに、吉川晃司の書き下ろし楽曲「The Last Letter」が決定した。

「マジンガーZ」が持つ力強さと歌声の親和性、そして本作の世界観のイメージから、原作者・永井豪氏はじめ監督・プロデューサーから吉川晃司へエンディングテーマをオファー。リアルタイムで「マジンガーZ」を見て育ち、同作のファンだったという吉川はそのオファーを快く快諾し、コラボレーションが実現!オリジナル「マジンガーZ」のテレビ放送を少年時代に見ていた吉川が、主人公・兜甲児とマジンガーZに想いを馳せ、ロボットとパイロットの域を超えた互いの絆、そして哀愁をイメージして楽曲を制作。吉川が「持てる力は全て出した」と言うほどに想いの詰まったこの「The Last Letter」。永井氏が「ハートに染み入る」とその感動を明かすほど、作品の世界観と見事にマッチした極上のパワーバラードとなっている。タイトルには全ての終わりでありながら始まりという意味も込められている“Last Letter=最後の文字=Z”。

吉川晃司コメント


(お話しをいただいた時)とても嬉しい反面、身を引き締めて臨まねば、という思いで自分の持てる力は全て出しました。マジンガーZを見て、大いに影響されて育ったガキも50を越え、彼らと同じように生きてきたこの道のりや、マジンガーZと(主人公)兜甲児が今復活したらこんな話をするんだろうな、マジンガーZを一人の男として捉え、二人の会話や、二人肩を並べて空を見ている背中、そんな情景を想いながら彼らの男の哀愁や生き様を描きました。

永井豪氏コメント

昔の作品(オリジナルのマジンガーZ)に夢中になった世代の方々が、良い時代のことを思い出せるような、ハートに染み入るとても素敵な曲です。ありがとうございます

全世界注目の、永井豪画業50周年プロジェクト『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』の続報に、注目だ。

▶︎ AbemaTV(アベマTV)では「 アニメ24チャンネル 」「 深夜アニメチャンネル 」「 新作TVアニメチャンネル 」「 家族アニメチャンネル 」「 なつかしアニメチャンネル 」の5つの専門チャンネルで、多彩なジャンルのアニメ作品を毎日放送中。

外部リンク(AbemaTIMES)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス