最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

「獲るか獲られるか」 命を懸ける男たち…映画『孤狼の血』よりWEB限定動画が解禁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 役所広司が主演を務め、『凶悪』『日本で一番悪い奴ら』の白石和彌監督がメガホンをとる映画『孤狼の血』(2018年5月12日公開予定)のWEB限定動画が公開された。

 原作は柚月裕子原作のミステリー小説。「警察小説」× 仁義なき戦いと評される『孤狼の血』は、昭和63年の広島を舞台とした警察、あるいは暴力団という組織にいながらも"誇り"を賭けて生々しく、荒々しく生きる男たちの物語だ。暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾役を役所広司、大上とタッグを組む若き刑事・日岡秀一役を松坂桃李、クラブリコのママ・高木里佳子役を真木よう子、五十子会の組長を石橋蓮司、尾谷組の若頭・一之瀬守孝役を江口洋介が演じる。

「獲るか獲られるか」 命を懸ける男たち…彼らは何を求め、信じ、引き金を引くのか。全ての男たちに捧げる暴力と極上のカタルシスは、まさに“狂気のエンターテインメント”!日本の映画史を塗り変える「緊迫の29秒」に注目だ。

ストーリー
 物語の舞台は、昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。所轄署に配属となった日岡秀一は、暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾ととも に、金融会社社員失踪事件の捜査を担当する。常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団組同士の抗争が激化し...。

(c)2018「孤狼の血」製作委員会


外部リンク(AbemaTIMES)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス