最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

身近な者の自死に「怒り」を抱くときーー遺族の心情をどう受け止めるか【杉山春×松本俊彦対談】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2014年に自殺した上原多香子の元夫、ET−KINGのTENNさん。当時、上原には多くの人から同情の言葉が寄せられた。しかし、今年8月にTENNさんの遺族が遺書を公開し、自殺の原因は上原の不倫と読み取れる内容が明らかになると、一転して上原への批判が飛び交う事態になった。なぜ、遺族は遺書を公開したのだろうか? 今回は、『自死は、向き合える 遺族を支える、社会で防ぐ』(岩波ブックレット970)を上梓したライターの杉山春氏と、自殺や依存症などに詳しい精神科医の松本俊彦氏に、自死遺族や自死をする人の思いに迫る。

■自死遺族は、プロセスを踏んで、ようやく事実と向き合える

――TENNさんの遺書が週刊誌に掲載されました。遺書を公開することによって、遺族の傷が癒えるとは思えないのですが、これはどういった心境から公開したのだと思われますか?

杉山春氏(以下、杉山) 上原さんの件をそこまで深く調べたわけではないので、詳しいことは言えませんが、おっしゃる通り、遺書を公開することで遺族の傷が癒えることはないでしょう。これは、「怒り」を表したのだと思います。でも、そういう形で表された怒りは、暴力と同じで、適切に止めないとエスカレートしていきます。私は息子さんを自死で亡くされたご遺族を取材しましたが、その方は息子さんを亡くされた後のある時期、「息子の嫁を殺したい」という殺意があったとおっしゃっていました。

遺族の方たちを取材して知ったことは、身近な者の自死を体験したとき、残された者は、社会的に許される感情も、許されない感情も、本当にあらゆる感情を抱え込むということです。怒りの向こうに、深い悲しみや自責感を伴っています。それらを周囲が適切に受け止めないと、さらに怒りは暴走していくと思います。

――遺族が怒りの感情を持ってしまうことを防ぐ方法はあるのでしょうか?

松本俊彦氏(以下、松本) それは難しいですよね。怒りは例えば、自殺した人の治療を直前まで担当していた精神科主治医や、お子さんの場合には通っていた学校に向けられることもある。でもその一方で、医師や学校といった外部に怒りを向けることをせず、自らの内側に罪悪感を抱え、自分を責めさいなむ親御さんもいます。自殺に限らず、例えばがんの宣告を受けるようなショッキングな事実を受け入れるときって、心の中でいろんな動きがありますよね。それと同じように、自死遺族もプロセスを踏んで、ようやく等身大の「悲しみ」と向き合うことができるのではないかと思います。そこをもっと周りの方は知る必要があると思います。

もっとも、外部への怒りを訴訟という形で表現するにしても、それはそれでストレスもお金もかかります。僕自身も訴訟のための意見書を書いたことがありますが、その裁判はなんとも凄惨でした。「学校じゃなくて、ご家庭に問題があったのではないでしょうか?」と言ってくる学校側に対し、遺族側は「教員なら、○○をする必要があった!」というふうに反撃する。お互い傷ついている者同士なのに、なぜこんなにやり合ってしまうのかと……。

杉山 私は、「心理学的剖検」というものがもう少し社会に認知され、成熟していくと、もう少し和らぐのではないかなという気がしています。心理学的剖検とは、自死遺族の方から、故人がどのような段階を追って自死に至ったのかを詳細に聞き取る、という作業を、たくさんの事例で積み重ね、自死の特徴やパターンを分析していく手法です。そうやって自死に関する知識を蓄積していくことによって、「どちらが悪い」と判断するのではなく、その人がどう苦しんでいたかを明らかにして、自死を防いでいこうとする意思を社会全体として持ちやすくなるのではないかと思います。でも、これはきれいごとでしょうか?

松本 いや、きれいごとではなく、その可能性はあると思います。ただ、その際、情報源が遺族だけだと、遺族に寄り添うことはできるけど、情報の中立性、客観的に偏りが出ることもあります。極端な例を挙げれば、遺族が虐待していた事実があった場合、そうした情報は収集できない可能性が高いと思います。また、他人から分析されるということへの抵抗感を持つ方もいるはずです。僕らも、心理学的剖検を始めた当初は、ご遺族の方から「自分たちの心理を専門家に分析されているようで嫌だ」というご意見もいただきました。やはり分析って、冷たく感じるものですよね。上から目線だと思われてしまうことだってある。だから、そうならないためにはどうしたらいいのか、考えなければなりません。

――杉山さんの著書には、自殺する方は、ギリギリまで自殺をするかどうか迷っているとありました。それでも死を選んでしまうんですよね。

松本 死にたい気持ちは確実にあると思うんです。でも、一方で反対の気持ちもあるから苦しい。

杉山 人にとって、葛藤状態が一番苦しいのだと思います。どちらかに決めてしまえば、それはそれでやり方がわかりますが、自死はそういう苦しさの極端なものです。本にも書きましたけれど、ある人は朝に遺書を用意して、その後シャンプーが切れかかっているのに気づいて買いに行ったものの、結局は自殺を決行しています。

松本 別の患者さんだと、自殺する前に、かかりつけの病院に行って糖尿病の薬をもらってきた方もいました。今日死ぬ人に、糖尿病の薬なんていらないですよね。

杉山 やっぱり人間は「生きたい」という本能が強く、身を守る装置がたくさんあるのだと松本先生の著書から学びました。

松本 追い詰められた状態のとき、そこに道具や情報などが偶然あったりすることで、一押しが来るという気もするんですよね。

杉山 飛び降りるときも、体を前へ倒すか後ろへ倒すかだけの行動です。たまたま倒せば逝ってしまうし、後ろに倒せばそのまま生きるという、本当に物理的な状況の中で生きる場合もあるという。

松本 そうですね。以前、8階から飛び降りて奇跡的に一命を取り留めた患者さんがいました。8階から飛び降りると死亡率は96%ほどなので、「死ぬ気はなかった」と言わせない状況です。でも、その方は「飛び降りた瞬間に後悔した」と言っていました。

それから、巨大橋梁から飛び降り自殺した人たちの、飛び降りる瞬間を録画した動画を見たことがあるのですが、みんな直前まで携帯電話を眺めているんです。もし、そこに着信やメールがあったりしたら、飛び降りるのをやめるかもしれません。

これは自分の本でも引用したのですが、サンフランシスコのゴールデンゲートブリッジから飛び降りようとした人を、警察が無理やり身柄を確保して強制的に帰宅させ、その人たちの5~7年後を調査したという記録があります。それによると、その後その人たちは92%が生存しています。残り8%が亡くなっているというのは問題ではあるのですが、92%の人が生きているのは、逆になぜなんだ? と思うんです。

もしかすると、ものすごく追い詰められていても、一晩寝たら、考えや風向きが変わることもあるかもしれない。だからといって、その人の苦しみを、我々が体験している苦しみの延長上で理解しようとすると、ドツボにハマってしまいます。我々が時折、自殺のリスクが高い人たちを怒らせてしまうのは、「いや、そうはいってもさ」とか「私もそんなことはあったけど……」と、自分のこととして語ってしまうからです。勝手に早わかりしてはいけないということです。
(姫野ケイ)

(後編へつづく)

外部リンク(サイゾーウーマン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス