最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

シャラポワが今年3回目のベスト8[天津オープン]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マリア・シャラポワ(ロシア)は「天津オープン」の準々決勝進出をかけた試合に挑み、マグダ・リネッテ(ポーランド)を7-5、6-3で破った。
シャラポワは今年3回目の準々決勝進出を目指していたが、リネッテ相手に苦しい戦いを強いられた。5度に及ぶブレークポイントを死守し、なんとか4-3で優勢を維持。第12ゲームのブレークが最大の決め手となり、終盤ではリネッテのサーブを跳ね返して、7-5で第1セットを奪取した。
2回目のサービスゲームは落としたものの、グランドスラム5回優勝のシャラポワにとって第2セットは順調だった。相手のサービスゲームを2度ブレーク。一方、世界ランク71位のリネッテも粘り強く、自身のサーブで1回、加えてシャラポワのサーブで2回、マッチポイントを切り抜けた。だが、リネッテの防戦は長くは続かず、シャラポワは次のラウンドへの切符を手にした。
試合後にシャラポワは「第1セットはお互いに上手くサービスゲームをキープしました。リターンゲームでミスをし過ぎてしまい苦しい試合展開になりましたが、第2セットのはじめにブレークした後は、理想的な攻めの試合運びができて、自分自身の勢いを感じました。」と語ったとWTA公式サイトが報じている。
シャラポワは元世界ランキング1位の女王だが、ドーピング違反による1年3か月間の出場停止を受けていたため、現在の世界ランキングは86位。これから彼女がどこまで上位に返り咲くか注目だ。
(テニスデイリー編集部)
※写真は「天津オープン」で準々決勝へ進出したシャラポワ(チャイナ・オープンのときのもの)
(Photo by Zhe Ji/Getty Images)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス