最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

岡田将生、木村文乃との対決に「号泣させてやろうと」『伊藤くん A to E』現場取材

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 柚木麻子による同名小説を、廣木隆一監督が豪華キャストを迎えて実写化した映画『伊藤くん A to E』。無様で切実な大人たちが織りなすいびつな恋愛模様を描く本作で、超モンスター級と称される“痛男”を演じているのが岡田将生だ。7月某日、撮影現場で岡田がインタビューに応じ、自身が演じる伊藤くんや、木村文乃との初共演について思いを語った。

【関連】『伊藤くん A to E』取材現場フォトギャラリー

容姿端麗で家柄も良いのに、自意識過剰で性格が最悪な伊藤くん(岡田)と、彼に振り回される5人の女性たちの姿を描く本作。伊藤くんには「女性に対する言動しかり、やってることがあまりにもダメな男」という印象を抱いていたと明かす岡田だが、撮影を通じて意識に変化が生じたという。「だんだん肯定的になっている自分もいたりして。確かに、こういう風になった場合って、こうなるよな、みたいな。伊藤は自分の信念を莉桜(木村)へ宣言するのですが、それって誰もが思っていることで、それを言えるのは逆にすごいなって思うし、そういう生き方をしているのが、段々かっこいいなと思うようになってきています」。

製作発表時には「伊藤と心中する覚悟で臨みたい」と意気込んでいた岡田だが、「自分的な手ごたえはあまりないです。なんせ、演じた伊藤が中身が薄っぺらい男なので」と苦笑い。しかし、「特殊な映画になるんだろうなとは、すごく思っています。見る人によってはすごく響くし、共感してもらえるところもたくさんあるんですけど、1回だけじゃ分からない気もするし...。見ごたえのある人間ドラマになるんじゃないかな」とも。さらに「まっさらな状態で見たら、コメディ映画としても成り立つし、サスペンス要素もちょっと入ってるんじゃないかと思ったりもしてて、色々なジャンルが凝縮されている気がします」と多面性を持つ作品であることを強調する。

劇中で女性に対するクズ男っぷりを発揮する伊藤くんだが、岡田曰く、「冷静に考えると、女性もほぼみんな、ダメな人たち(笑)。たぶん、社会に適していない人たちばかりな気がするんですよね」とのこと。「だから面白いなと思うし、極端な表現をするとクズ同士が話し合うのも、ちょっと素敵なんです」と楽しそうに語る岡田は、「男性がこの映画を観たとき、女性のそういうダメな一面はけっこう衝撃的だと思うんですけど、女性から見たら僕の役が嫌だと思うので、カップルとかで観たらどう思うんだろうなって、その反応も含めて楽しみです」と公開に向けて期待を込める。

そんな岡田が演じる伊藤くんと対峙する5人の女性の1人で、落ち目の脚本家を演じているのが木村文乃だ。初共演となった木村について、「表情筋が、たまにぴくぴくしてるんですよね(笑)」と明かす岡田は、「現場の緊張感を含めて、すごくマッチしていて、すごく素敵です」と演技を絶賛するが、木村が演じる矢崎莉桜については「ダメですよね」とピシャリ。そして、原作読者に衝撃を与えた終盤での“対決”については、「すごく楽しみです。本当に傷つけてやろうって、号泣させてやろうと思っています」と悪戯っぽく明かした。(取材・文:岸豊)

映画『伊藤くん A to E』は、1月12日全国公開。

外部リンク(クランクイン!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス