最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

時間のない夕飯にも◎!お刺身を使った簡単アレンジレシピ3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

忙しい時に何かと便利な「お刺身」。そのままいただくのはもちろん、少しのアレンジで様々な味わい方を楽しめます。
そこで今回は美容におススメのお刺身とアレンジレシピを、インナービューティー料理研究家の筆者がご紹介します。

簡単カラフルちらし寿司

美肌食材の代表!サーモンのカルパッチョサラダ仕立て

サーモンのカルパッチョサラダ仕立て

<材料>1人分

・サーモン切り身(刺身用)6枚
・ベビーリーフ 適宜
・赤タマネギ 1/10
・オリーブオイル(または亜麻仁オイル) 適宜
・塩 少々
・チアシード 小さじ1/2

<作り方>

1. ベビーリーフはよく洗い水気を切って器に盛る。
2. 赤タマネギは薄くスライスして水に数分漬けたあと、水気を拭き取る。
3. 赤タマネギとサーモンを並べ、オリーブオイル、塩とチアシードをトッピングすれば完成!

サーモンのカルパッチョサラダ仕立て

抗酸化作用の高い「アスタキサンチン」など、美肌に嬉しい栄養が豊富なサーモンをカルパッチョでおしゃれに美味しく。

アンチエイジングに!甘エビとブリのセビーチェ

甘エビとブリのセビーチェ

<材料>1人分

・甘エビ(刺身用) 3尾
・ブリの切り身(刺身用) 2~3枚
・赤タマネギ 少々
・細ネギ 少々
・ミニトマト 2個

-A-

・オリーブオイル 大さじ1
・レモン汁 大さじ1
・塩 ひとつまみ
・粉唐辛子 ふたつまみ

<作り方>

1. ブリの切り身は1cm角に刻む。細ネギは小口切りにする。赤玉ねぎはみじん切りにする。ミニトマトは1/4に切る。
2. Aをよく混ぜ、1に和える。
3. 器に盛り、甘エビを器のフチに飾れば完成。
甘エビとブリのセビーチェ

唐辛子が隠し味の爽やかなセビーチェは白ワインのお供にピッタリ! ブリには抗酸化ビタミンと呼ばれる「ビタミンE」が豊富に含まれています。

うる肌作りや貧血予防に!簡単カラフルちらし寿司

簡単カラフルちらし寿司

<材料>1人分

・ごはん 1膳分
・すし酢(あれば) 大さじ1弱
・マグロ赤身切り身(刺身用) 4枚
・アボカド 1/4個
・山芋 1/8本
・イクラ醤油漬け 大さじ3
・わさび醤油 大さじ1

<作り方>

1. マグロは1㎝角に切り、わさび醤油で和える。アボカド、山芋は皮を剥いて1.5cm角に切る。
2. ごはんにすし酢を加えてよく混ぜ、冷ます。
3. ミニお重にごはんを敷き、具材をストライプ状に盛り付ければ完成!

簡単カラフルちらし寿司

マグロの赤身には貧血予防に嬉しい「鉄分」が豊富。うる肌作りに欠かせない良質な脂質やビタミン類・食物繊維が豊富な食材を合わせて、秋の美腸・美肌作りをサポート。

いかがでしたか? 忙しい日の食事や秋のおもてなしにぜひお試しください。

ライタープロフィール

インナービューティー研究家/フードコーディネーター・國塩 亜矢子

「インナービューティー」を軸とした料理教室、コラム執筆・レシピ開発等を通じ、女性のライフステージごとに関わる「食×美」の大切さを幅広く発信中。二児の母。著書「決定版!節約冷凍レシピ」(宝島社・共著)

【保有資格】

ベジフルビューティーアドバイザー/女子栄養大学認定食生活指導士1級

外部リンク(Life & Beauty Report)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

グルメ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス