最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

「ぴったりだよ」大役に躊躇う山本耕史を勇気づけた妻・堀北真希の一言

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 テレビ朝日が新たに打ち出した“シニア枠帯ドラマ”第2弾「トットちゃん!」が10月2日スタートした。初回視聴率は5.8%。同時間帯の人気情報番組「ヒルナンデス!」と「バイキング」もおおむね5%台をキープしていることから、まずまずの船出と言えるだろう。

同ドラマは黒柳徹子の自伝的著書で、戦後最大のベストセラー「窓ぎわのトットちゃん」を原作に描かれている。物語は昭和4年、山本耕史演じる徹子の父でバイオリニストの黒柳守綱と、松下奈緒演じる母の門山朝との出会いから始まる。

シニア層狙いの枠ではあるが、視聴者からの感想を読んでみると、OL層が多いことに目を引かれる。「面白かった!これから楽しみ。昭和の雰囲気が好きだから嬉しいな~。山本さんかっこよかったし、クラシックも聴けるし、得した気分」「山本耕史のバイオリン弾く姿が似合っててかっこよかった」「久しぶりに続きが早く見たいドラマ。明日も楽しみ」「昭和の人って、言葉遣いが美しい。見習いたいです」など、好意的な意見が多数寄せられた。

芸能ジャーナリストは「山本は結婚後、ますますイメージがアップした」という。

「山本は現在NHKの『植木等とのぼせもん』でも主演していますが、こちらも高評価。植木の役をやるにあたり、自分とは全く違う人物像なので引き受けるかどうか悩んでいたら、妻の堀北真希さんから『明るい耕史くんにぴったりだよ!』と背中を押されたそう。そんなエピソードも、ファンをほのぼのとした気分にさせているようです」

仕事が順調なうえ、高い評価を得ている山本。その勢いで「トットちゃん!」も視聴率が伸びていきそうだ。

外部リンク(アサジョ)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス