最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

『おはスタ』20周年 初期の人気キャラ「怪人ゾナー」誕生秘話にファン衝撃

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

登校前の子供たちが夢中になって観てきた人気番組『おはスタ』(テレビ東京系)。

20周年を迎えた長寿番組の初期を支えた人気キャラ「怪人ゾナー」の誕生秘話が語られ、大人になった当時の子供が驚きの声をあげている。

(画像は『OHAOHAアニキ』公式Twitterからのスクリーンショット)

■怪人ゾナーとは?


なぞなぞで世界征服をもくろむ「秘密結社ナーゾ」の日本支部長であり、ギターを片手になぞなぞを出題。

その独特のビジュアルと個性で、当時の子供たちを夢中にさせた怪人ゾナーは、人気声優森久保祥太郎(43)が1998~2004年まで演じたキャラクター。

12日深夜放送『OHAOHAアニキ』に森久保が出演、怪人ゾナーの誕生秘話やエピソードを語った。

■ゾナーの誕生


1998年、『おはスタ』がVTR放送と生放送の2部制となり、1部と2部の枠をつなぐ企画としてなぞなぞを出題する怪人ゾナーが誕生。それまで番組内で様々なキャラクターを演じてきた森久保最大の人気キャラとなった。

口元には「?」マークがあるのだが、これは「デキモノを隠すため」の応急処置。以降はゾナーのトレードマークとして定着。

ゾナー人気を裏付けるようになぞなぞ本やCD、ゲームが発売され、司会を務めてきた山寺宏一(56)も「秀逸なコーナーだった」と絶賛した。

■当時のファンは感激


当時の子供たちが、子供心を呼び覚ます、懐かしい内容に歓声を挙げている。






また、当時はあくまでも怪人ゾナーとしてみていたため、人気声優の森久保が演じていたことに驚く視聴者も見受けられた。








■黒歴史がある人は37.9%


しらべぇ編集部で、20~60代の男女1,358名に「人には言えない黒歴史がある」か調査。全体の約4割が「ある」と回答した。

©sirabee.com

新人時代の自身の活動を「黒歴史」として封印する芸能人は多いが、森久保にとって、怪人ゾナーは決して黒歴史ではなく、今なお、自身の大切な存在のようだ。

当時の子供たちの中でも、森久保はいつまでも怪人ゾナー。いつかきっと、再び怪人ゾナーからなぞなぞが出題されるのを待ち望んでいるに違いない。

・合わせて読みたい→元おはガール、松岡茉優が山寺宏一と2ショット 「素敵な関係」と賞賛

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ)

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年6月24日~2016年6月27日
対象:全国20代~60代の男女1,358名(有効回答数)

外部リンク(しらべぇ)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

アニメ・マンガ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス