最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

天才テリー伊藤対談「加藤一二三」(4)「王将」みたいな詞を書いてほしい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テリー 加藤九段は現役を引退されたあと、芸能界での活躍も増えましたね。バラエティ番組にもたくさん出られていますが、テレビの世界はいかがですか。

加藤 そうですね、喜んで張り切って出ています。私がテレビ番組で教えられた、あるいは楽しかった思い出を語ったら、1冊の本が書けますよ。

テリー アハハハ、それは徳間書店でぜひ。「平成教育委員会2015秋」では(ビート)たけしさんともご一緒されていますよね。

加藤 たけしさんはなかなか忍耐強い方ですね。私、その番組で球を持つ演技(バスケットボールのピボット)をさせられたんですけど、何せ初めてのことですし、今の学校でするスポーツは我々の学生時代とずいぶん様変わりして、ほとんどわからないことが多いんです。

テリー ああ、それはそうでしょうね。

加藤 で、何度やってもできなかったんですけど、「何だこいつ、わかりが遅いな」という表情を一切出さず、喜んでその球技のことを教えてくださったんです。本当だったらイライラしますよ、だって何回やっても、私、わかんないんだから(笑)。

テリー フフフ、たけしさん、きっと加藤九段みたいな人が大好きだから、イライラより愛情のほうが強かったんだと思いますよ。

加藤 そうですか、ならよかったですけど(笑)。

テリー じゃあ、これからもテレビには積極的にお出になられますか?

加藤 そうですね。たくさんお話をいただいていますので。けっこう多いのが、私が一人旅をする旅レポです。

テリー あ、いいですねぇ、見てみたいです。

加藤 それから、先ほどの話ではありませんが、本も書きます。この1年間で20冊書く約束をしているんです。

テリー えーっ、それはすごい!

加藤 それから講演ですね。もちろん将棋も教えますし、解説もします。現役は引退しましたけれども、将棋連盟の棋士であることは変わりませんから。我々の世界に「元」というのはないんです。生涯、棋士なんです。

テリー すばらしいですね。僕、思うんですけど、村田英雄さんの「王将」みたいな歌を、加藤九段に歌ってほしいですよ。あれは、坂田三吉という昔の破天荒な棋士をモデルにした歌ですけども。

加藤 実はですね、私もついに歌手デビューすることが決まりまして。

テリー ええっ、そうだったんですか。

加藤 レギュラー出演している「アウト×デラックス」の企画で、古坂大魔王さんのプロデュースで「ひふみんアイ」という歌を吹き込んだんです。歌手名は“大天才ひふみん”なんですけど。

テリー アハハハ、それはおもしろいですね。でも、それは古坂さんの作詞・作曲なんですよね? どうせだったら、加藤九段が作詞をしたらいいのに。

加藤 私、作詞なんてやったことはないですけどね。でも「どうしても書け」と言われたら、1年ぐらいかければ、書けるかもしれません。

テリー 何だ、完全にやる気じゃないですか。やりましょうよ、でも1年は長いから、2カ月でまとめてください(笑)。

◆テリーからひと言

1局10時間以上かかるような対局を60年以上も続けてきた人だから、やっぱりいつ会ってもパワフルだね。加藤九段版の「王将」、ぜひとも歌ってください!

外部リンク(アサ芸プラス)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス