最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

東武動物公園のペンギン・グレープ君が亡くなる 大好きな「けもフレ」フルルが最後まで見守る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

埼玉県の東武動物公園で飼育されていたフンボルトペンギンのグレープ君(21歳)が10月12日に亡くなった。グレープ君は、体調不良のため11日から静養していたが、12日14時30分ごろに静かに息を引き取った。死因は現在調査中だという。

東武動物公園では、6月までアニメけものフレンズ」とのコラボイベントを開催し、擬人化した動物「アニマルガール」のパネルをモデルになった動物の周辺に展示していた。グレープ君は、設置されたフンボルトペンギンのフレンズ「フルル」のパネルに夢中。パネルの前でじっと見つめたり、寄り添うように佇んだりと、毎日のように「フルル」のそばで過ごすことから人気を博していた。コラボイベント終了後も、グレープ君のために「フルル」のパネルは撤去されておらず、入院の際も一緒に移動していた。

東武動物公園は、来場者のこれまでの応援に感謝にするとともに、「『けものフレンズ』とのコラボイベント開始以来、グレープ君を最後まで見守ってくれた『フルル』もありがとう。」と亡くなるまで「フルル」も一緒だったと報告した。

外部リンク(BIGLOBEニュース)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス