最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

職場 

何を話せば…?職場の男性と食事をするときに気をつけたいこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

職場の男性から食事に誘われたことってあるでしょうか。たとえば帰りがけに飲むなら、仕事の愚痴や憂さ晴らしいといった要素が強いでしょう。

でも、プライベートとして休日に誘われるのは、相手があなたに好意を寄せている可能性が高いと思います。もしお互いに相手のことが気になっているなら、食事中はどんなことを気に掛けたらいいでしょうか?



■ 仕事の話をしつつ、プライベートな話を織り込む

彼から休日、食事の誘いをされるということは、少なからず好意を寄せられていると睨んでいいと思います。でも、まだふたりの関係は付き合っているわけではないので、関係の築き方にちょっと悩んでしまいますよね。

「彼のことは好いているけど、一体なにを話せば……」「相手は上司だし……」そんな風に、プレッシャーを感じてしまう女性もいるかもしれません。

お互いのことをデートをきっかけによく知るために、一番話しやすいのはやはり仕事の話でしょう。たとえば仕事のことで悩んでいるなら、彼に思い切って打ち明けてしまう――。相談したいことがあれば、なんでも彼に話していいと思います。

そうすることで、お互いにリラックスできるでしょうし、普段通りに話せるのでは。ただ、あまり深刻な話になってしまうと、せっかくのデートが悩み相談で終わってしまうので、仕事の話をダシにしつつ、肩の力を抜けるといいですね。

■ お互いの共通点を見つける

仕事の話ばかりだと、ちょっと味気ないものです。せっかく休日に彼と会っているなら、お互いに好きなものなど、プライベートな話も織り交ぜながら、ぜひ親睦を深めてみてください。「相手の出身地は?」「休日は何していますか?」「好きなものはなんですか?」なんでも聞いてみましょう。

お互いの共通ができれば、仕事とは別に、相手との関係が深まりやすいです。またお互いの共通点を探るように、話を合わせることも大切です。たとえば、彼がお店のメニューを見ながら「○○が好き」といったら、「いいですね」「私も注文しようかな」といった具合です。

お互いの共通点は、お互いの意識でいくらでも見つけることができるものです。「私の兄も○○さんと同じ年齢で、身長が高いんです」といった外見的な特徴とか。「私も気に病んでいることがあると、食欲がなくなるんです」とか。

一見何気ないことでも、お互いの考えていることが同じだと、相性の良さも感じられて嬉しいはずです。

■ 別れ際は前向きな声掛けを

仕事関係者だと、プライベートな話まで会社でしないことが多いでしょう。改めてじっくりと話すことで、お互いの見えない一面がたくさん見えてくるはず。終わり際では、仕事、プライベートが成功するように話ができるといいですね。

「また明日、よろしくお願いします」といった、一緒に仕事をすることのお願い事とか。「私はいつでもウェルカムですから」と、「次の誘いもOKです」というニュアンスで、前向きな声掛けをするとか。

別れ際の一言で、その日の自分の印象が大きく決まると言ってもいいです。ぜひ、これから毎日が楽しみになるような態度で、別れられるといいかもしれませんね。

プライベートで上司や先輩、同僚と会ったことがない。そんな人も多いと思います。そんな時は、ぜひこんな姿勢でデートに臨んでみてはいかがでしょうか。(柚木深つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)

外部リンク(愛カツ)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス