最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

ナダルが1ブレイクも許さず6-4、6-1でフォニーニに勝利[上海ロレックス・マスターズ]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「上海ロレックス・マスターズ」(10月8日~10月15日/中国・上海/ハードコート)の3回戦で、ラファエル・ナダル(スペイン)は12日、ファビオ・フォニーニ(イタリア)と3回戦で対戦し、優位を譲らないまま試合を進め勝利を手にした。6-3、6-1の2-0、試合時間は1時間2分だった。
ナダルは現在、世界ランキング1位にとどまっている一方で、フォニーニは28位。数字の上で大きく離れた二人の対戦となり、両者の対戦成績は、ナダルの9勝3敗と大きく勝ち越している。輝かしい戦績を残してきたナダルに対してフォニーニがどう対抗するかもみどころだった。
◇   ◇   ◇
ナダルは開始直後から試合の主導権を握った。自身のサービスゲームとなる第1ゲームを静かにキープすると、2ゲーム目でいきなりブレイク。最高のスタートをきった。
ナダルは1セット目はそのまま、優位を明け渡さず、この1ブレイクを守りきった。要所で見せる得意球の高く跳ねるスピン、相手を押し込むフラット系のストロークで、優勢を終始維持した格好だ。
第2セットに入っても、両者の均衡は変わらず。ナダルが第1ゲームで、フォニーニのサービスをブレイクして勢いに乗る。フォニーニに2ブレイクポイントを握られるなど、押し戻されそうな場面もあったものの、結局は6-1と1ゲームしか与えない形でナダルが第2セットも寄り切った。
ナダルは次戦となる準々決勝で、グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)と対戦する。番付どおりであればナダルはゆるぎない優勢を保つものの、さらに戦績を伸ばせるか、注目が集まりそうだ。
(テニスデイリー編集部)
※写真は「上海ロレックス・マスターズ」シングルス3回戦でフォアハンドを放つしたナダル
(Photo by Yifan Ding/Getty Images)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス