最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

ポテトを挿せばフォークになる!―マクドナルドの「FRORK(フローク)」は、どう使うの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日本マクドナルドは、食べられるフォーク「FRORK(フローク)」が当たるスクラッチキャンペーンを、東日本エリア1,112店舗で10月20日から開始する。「グラン」シリーズいずれかのバリューセットを購入した顧客が対象。

FRORKとは、「マックフライポテト」のパッケージを模したデザインを持つ、シリコン素材のユーテンシル。先端部分にマックフライポテトを3本挿入することで、フォークとして機能する。

だがこのフォークの枝はマックフライポテト製。柔らかすぎるので、フォークの本来の使命である“肉を刺す”といった機能は持っていない。そうではなく、こぼれたハンバーガーのソースや具をすくい、マックフライポテトと一緒に無駄なく味わうために作られたものだ。

FRORKは、米国マクドナルドで2017年5月に、新商品「Signature Crafted Recipes」シリーズのプロモーション目的で配布されたもの。「Signature Crafted Recipes」は具が多く、食べるときにどうしても一部がこぼれてしまう。そのこぼれた具やソースをすくうのにFRORKは便利なのだそうだ。

FRORKを紹介したのは、米国のTVショッピングで有名なアンソニー・サリバン氏。サリバン氏は米国でのキャンペーン当時、FRORKについて次のように述べていた。

「FRORKはあなたの生活を変えるだろうか?そんなことはないだろう。では『Signature Crafted Recipes』シリーズの食べ心地をよくするだろうか?もちろんだ!……多分」

サリバン氏によれば、FRORKはマックフライポテト自体を味わうためにも使えるそうだ。

FRORKを入手するには、キャンペーン期間中に「グランクラブハウス」「グランてりやき」「グランベーコンチーズ」、いずれかのセットを買ってスクラッチカードを入手。当たりがでたら、カウンターでFRORKをもらえる。キャンペーン期間は2017年10月20日から31日まで。キャンペーン店舗一覧などについて詳細は、日本マクドナルドWebサイト内の「東日本限定 FRORKキャンペーン」特設ページを参照されたい。

外部リンク(インターネットコム)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス