最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

京都国際映画祭、“世界遺産”で開幕 桐谷健太&菅田将暉がW主演の「火花」チームが登場<京都国際映画祭2017>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【京都国際映画祭/モデルプレス=10月12日】京都で開催される映画祭「京都国際映画祭2017」が12日、開幕(~15日)。映画「火花」(11月23日公開)で俳優の菅田将暉とW主演する俳優の桐谷健太らがオープニングイベント前に取材に応じた。

昨年は世界遺産の二条城でオープニングセレモニーが行われたが、今年は同じく世界遺産である西本願寺で開幕。オープニングセレモニーは西本願寺内の重要文化財である南能楽堂で行われる。あいにくの曇り空となったが、映画祭参加者が続々と登場し、京都らしく舞妓が華を添えた。

オープニングセレモニー前の会見では桐谷のほか、監督を務めた板尾創路と出演者の三浦誠己が序盤に出席。

劇中では桐谷と菅田の本格的な漫才シーンが繰り広げられるが、桐谷は同映画祭が京都で開催されることで「関西の芸人の話なので、関西の方にはいち早くみていただきたい」とし、「京都の人は笑いに厳しいと聞いているので感想を聞きたい」と話した。

映画祭では「火花」がワールドプレミア作品として日本初公開となる。桐谷は「僕にとっても大好きな映画になりました。一人でも多くの方にみていただけたら」とアピールした。

◆「火花」ストーリー



若手コンビ「スパークス」としてデビューするも、まったく芽が出ないお笑い芸人の徳永(菅田)は、営業先の熱海の花火大会で4歳上の先輩芸人・神谷(桐谷健太)と出会う。神谷は、「あほんだら」というコンビで常識の枠からはみ出た漫才を披露。それに魅了され、徳永は神谷に「弟子にしてください」と申し出る。神谷はそれを了承し、「俺の伝記を書いて欲しい」と頼む。その日から徳永は神谷との日々をノートに書き綴ることに。

その後徳永は、拠点を大阪から東京に移した神谷と再会。毎日のように芸の議論を交わし、神谷の同棲相手である真樹(木村文乃)とも仲良くなり、仕事はほぼないが才能を磨き合う充実した日々を送るように。しかし、いつしか2人の間にわずかな意識の違いが生まれ始める―。

◆4回目の京都国際映画祭



京都国際映画祭は、2014年に創設された京都市で開催される映画祭。

「京都映画祭」の伝統と志を引き継ぎ、「映画もアートもその他もぜんぶ」をテーマに持つ。4回目を迎えた今回は、『京都三泊四日。』をキャッチコピーに京都市内の「よしもと祇園花月」「元・立誠小学校」「岡崎公園」など多数の会場で行われる。

映画上映やアート展示のほか、図書館を利用した芸人おすすめ本の展示、エンタメステージ、ブース出展なども行われる。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

外部リンク(モデルプレス)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス