最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

192億円ヒットの中国発3DCGアニメ『西遊記 ヒーロー・イズ・バック』が日本公開へ LDHのレーベル・HIGH BROW CINEMAが配給

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中国発のアニメーション映画『西遊記之大聖帰来』(原題)が『西遊記 ヒーロー・イズ・バック』として2018年1月13日(土)から全国公開されることが決定した。

『西遊記 ヒーロー・イズ・バック』は日本でも知られる中国の伝奇小説『西遊記』を新たなスタイルで描く3DCGアニメーション映画。妖怪に脅かされている中国・長安の町を舞台に、長年の封印が解けたものの、力を失い自信喪失した孫悟空が、孤児の少年リュウアーとともに、子供を連れ去る妖怪に立ち向かう姿を描く。
 (c)2015 October Animation Studio,HG Entertainment
(c)2015 October Animation Studio,HG Entertainment

メガホンをとったのは、田暁鵬(ティエン・シャオポン)。23年に及ぶアニメ制作の経験を有するものの長編監督の経験はなく、同作で初めてのメガホンをとることになった。しかし、同作は2015年に中国で公開されるやいなや、中国国産アニメとして歴代1位の興行収入(約192億円)をたたき出す大ヒットを記録している。また、日本公開にあたり、『ゲド戦記』や『コクリコ坂から』などのスタジオジブリ作品を手掛け、『山賊の娘ローニャ』で国際エミー賞のアニメーション部門の最優秀賞を受賞した宮崎吾朗氏が日本語吹替版の制作監修を務めることが決定。宮崎氏の起用は、田監督直々の依頼とのこと。また、同作の日本配給は、アニメや洋画といった様々なジャンルに挑戦するLDHのレーベル・HIGH BROW CINEMAが担う。

日本公開決定を受けた田監督、宮崎氏のコメントは以下のとおり。

田暁鵬(ティエン・シャオポン)監督

田暁鵬監督
田暁鵬監督

中国の『西遊記』のファンは、長く赤いマントを首に巻き裾をたなびかせている悟空の姿を愛しています。この紅の布が日中両国の映画ファンの心をつなぐような絆になることを願っています。文化を結び、情感を結び、国境を越えて、アニメを愛する心を結びますように。

宮崎吾朗

宮崎吾朗氏
宮崎吾朗氏

生まれて初めて観た中国の3DCGアニメーション映画、『西遊記之大聖帰来』。それは、驚くほど面白かった。僕は目からウロコが何枚も落ちた。見慣れた日本や米国のCGアニメーションとは一味違うキャラクターのデザインや独特な色彩、カンフーのようなアクション等々。僕は画面からあふれてくる、「アニメーション映画をつくりたい!」という作り手の熱気に圧倒された。この日本語吹替版が、原語版の魅力を損ねず、日本の観客への橋渡しとなりますように。今はそれを願うばかり。この場をお借りして、日本語吹替版に力を貸して下さった皆さんに感謝を。そして、僕に大事な作品の吹替を任せてくれた、無口で熱い男、田監督に感謝です。

『西遊記 ヒーロー・イズ・バック』は2018年1月13月(土) 新宿ピカデリーほか全国ロードショー。

作品情報
アニメーション映画『西遊記 ヒーロー・イズ・バック』
監督:田暁鵬(ティエン・シャオポン)
日本語吹替制作監修:宮崎吾朗
製作:アクセスブライト、VAP
配給:HIGH BROW CINEMA

​【あらすじ】
伝説のヒーロー・孫悟空(そんごくう)が五行山に封じ込められて500年。町には妖怪がたびたび現れ、子供をさらっていた。ある日、お師匠さまのもとで修行中のリュウアーは、妖怪に襲われた女の子を助ける途中、たまたま迷い込んだ五行山で、偶然にも孫悟空を眠りから目覚めさせてしまう!ところが悟空の力は封印されたままで、本来のパワーを発揮できずにいた。やがて悟空、リュウアーそして八戒(はっかい)の3人は長安へ旅に出るのだが…。はたして悟空は、かつてのチカラを取り戻し、真のヒーローになることができるのか?
公式サイト:http://saiyuki-movie.jp/
(c)2015 October Animation Studio,HG Entertainment

外部リンク(SPICE)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス