最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

【先ヨミ】乃木坂46『いつかできるから今日できる』が88万枚でシングル・セールス首位独走中 U-KISS、Aimerが続く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


SoundScan JapanによるCDシングル売上レポートから、2017年10月9日~10月11日までの集計が明らかとなり、乃木坂46『いつかできるから今日できる』が880,929枚を売り上げて首位を独走している。

自身通算19枚目のシングルとなる『いつかできるから今日できる』は、メンバーも出演する現在公開中の映画『あさひなぐ』主題歌が表題曲。舞台化&映画化の大型展開となった『あさひなぐ』のプロジェクトだが、これらの舞台裏映像を収めたDVDが、全4種の初回仕様限定盤に付属している。前作『逃げ水』の初動3日間売上925,531枚をやや下回るものの、今作も圧倒的なセールスで2位以下を大きく引き離し首位独走中。『逃げ水』同様、初週累計でミリオンを達成することができるかに注目が集まる。

2位には、韓国出身ボーイズ・グループ、U-KISSの14thシングル『FLY』が入った。初動3日間で32,826枚を売り上げている。5人体制としては初のリリースとなるシングルで、メンバーのキソプが作詞作曲編曲を担当した表題曲「FLY」を含む全3曲を収録。

続く3位となったのは、AimerのトリプルA面シングル『ONE / 花の唄 / 六等星の夜 Magic Blue ver.』。初動3日間で13,469枚を売り上げており、前作シングル『茜さす/everlasting snow』の初週累計売上12,739を早くも上回るセールスをマークしている。「花の唄」が主題歌に起用されている映画『劇場版 Fate/stay night [Heaven's Feel] I.presage flower』の公開が10月14日からスタートするので、これがシングルのセールスにどこまで影響するか、引き続き見守っていきたい。

そして4位には、SILENT SIRENの<EMI Records>移籍後第3弾シングルとなる『ジャストミート』が入った。初動3日間で10,645枚を売り上げている。5位には、声優の神谷浩史の約1年半ぶりとなるシングル『神様コネクション』が9,091枚を売り上げてチャート・インした。

◎Billboard JAPANシングル・セールス集計速報
(2017年10月9日~10月11日までの集計)
1位『いつかできるから今日できる』乃木坂46 880,929枚
2位『FLY』U-KISS 32,826枚
3位『ONE / 花の唄 / 六等星の夜 Magic Blue ver.』Aimer 13,469枚
4位『ジャストミート』 SILENT SIREN 10,645枚
5位『神様コネクション』神谷浩史 9,091枚

※Billboard JAPANのCDセールスデータは、SoundScan Japanのデータを使用しています


外部リンク(Billboard JAPAN)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス