最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

我が子の気になる行動、もしかしてADHD?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ADHD 注意欠陥多動性障害
周りの子と比べると我が子がなんとなく“落ち着きがない”“集中力に欠ける”と気になることがありませんか? 中には最近テレビでもよく取り上げられるようになった、『ADHD』を疑う人もいるかもしれません。

『ADHD』は発達障害の一つで、落ち着きがないために周りからも誤解を受けやすく、サポートが必要な場合もあります。そこで今回は『ADHD』とはどういうものなのかご紹介します。

見た目だけでは分かりづらい『ADHD』の症状


『ADHD』とは、発達障害の一種で『注意欠陥多動性障害』と呼ばれています。特徴としては“不注意”“多動性”“衝動性”の3つがあり、少なくともこのうち2つ以上に当てはまる場合に現れます。具体的な内容は以下のとおりです。
『不注意』
  • 忘れ物が多い
  • 集中力が続かず、やりかけのまま放ってしまう
  • 周囲に気をとられやすい
  • 整理整頓が苦手
  • ケガや事故が多い
『多動性』
  • 落ち着きがなくじっと座っていられない
  • おしゃべりがやめられない
  • 公共の場で静かにできない
『衝動性』
  • 気に障ることがあると、つい反応して乱暴してしまう
  • 順番が待てない
  • 会話の流れを無視して思いついたまま突然話し出す
  • 人の話が終わる前に話し出してしまう

主な特徴以外にも、『ADHD』の子どもは不器用さや切り替えの難しさなども挙げられます。さらに知的な遅れはなく、見た目だけでは判断がされにくいのも特徴です。

ADHDの原因としていろいろな可能性が推測されていますが、現段階でははっきりとしたものは分かっていません。遺伝的なものともいわれていますが、はっきりとした根拠が無いのが現状です。

ADHDを含む発達障害は、原因が脳の先天的な障害によるものなので治ることはありません。しかし療育やサポートを受けることで、緩和させることは可能です。

我が子に『ADHD』の疑いがある場合、まずは園や学校の先生などに相談を


では、我が子に『ADHD』の疑いがあるときはどうしたらよいのでしょうか。発達障害は軽度のものから重度のものまでさまざまです。まずは疑いがある場合、幼稚園や保育園、学校の先生に相談してみてください。幼稚園や保育園、学校などでの様子を聞くことも大切です。

未就園児の場合は、市の保健師さんに相談してみましょう。市や学校、幼稚園などから専門的な検査を受けることも可能です。また『ADHD』かどうか、はっきりさせたいという場合は専門医を受診するのもひとつの方法です。その場合には小児神経科、あるいは児童精神科などで相談してみてくださいね。

『ADHD』である場合、周りのサポートが重要


『ADHD』である、あるいは疑いがあるという場合、サポートが重要となります。まずは、幼稚園や保育園、学校にきちんと我が子の様子などを伝えるようにしください。そうすることで、学校や園からのサポートもきちんとしてもらえます。家庭では必要に応じて療育を受けることも検討してみると良いでしょう。

分かってはいてもついつい子どもを叱ってしまうことが多いと思います。一人で悩まずに、同じ子どもをもつ親の会などに参加するのも一つの方法です。

『ADHD』は有名人にも多い


我が子が『ADHD』の疑いがあると、今後の進路や就職などがどうなるのだろうと不安になる人もいるはずです。しかし、意外と周りには『ADHD』を公表している芸能人も多くいるのです。
SEKAI NO OWARI深瀬 慧
人気のバンドSEKAI NO OWARIのボーカルである深瀬さんも、自身が『ADHD』と告白しています。子どもの頃はなかなか周りの友人たちとコミュニケーションが取れず、ケンカばっかりだったそうです。
栗原類
モデルとしても活躍している栗原類さん。ネガティブな発言でも人気がありますが、彼もまた『ADD(注意欠陥障害)』と告白しています。
パリス・ヒルトン
世界のセレブタレントで有名なパリス・ヒルトンは、12歳のときに『ADD』と診断されました。薬で衝動や問題行動をコントロールしながら、自分の『ADD』の症状と付き合ってきたそうです。
ブリトニー・スピアーズ
アメリカを代表する歌姫、ブリトニー・スピアーズ。音楽を一度は耳にしたことがあるはずです。そんな彼女も10代の頃に『ADHD』と診断されています。

まだまだ多くの芸能人や有名人が発達障害をもっていたといわれています。Apple社の代表だったスティーブ・ジョブズ、Microsoft社の社長ビル・ゲイツもその一人です。

我が子がもしかしたら『ADHD』かもしれない、と思ったら保健師さんや学校の先生に相談してみてください。疑いがあるだけで親は「どうしよう」と不安になるかもしれませんが、一番困っているのは子ども本人だということを忘れないでください。子どもにとってどうすれば一番良いのかを考えて、適切なサポートをすればその子の個性として生かしてあげられるはずです。

まずは『ADHD』がどんな発達障害で、どのようなサポートが必要かを知ることから始めてみてくださいね。

参照/親と子のためのADHD
ADHD(注意欠如・多動性障害)の総合サイト【ADHDガイド.info】

記事提供:mamaPRESS

外部リンク(ならいごとキッズ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス