最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

「AV鑑賞会シーン」が話題!綾瀬はるか主演『奥様は、取り扱い注意』第2話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
綾瀬はるかが主演を務めるドラマ『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~)の10月11日放送の第2話に高岡早紀がゲスト出演。過去にAV女優として活躍した過去を持つ女性・落合夏希を演じたが、その作品について主婦友たちが盛り上がるシーンが話題を集めた。

金城一紀の原案・脚本で描かれる本作の主人公・伊佐山菜美(綾瀬)は、人も羨むちょっとセレブな専業主婦。ワケありの人生をやり直して穏やかな幸せを手に入れるため、合コンでゲットした旦那・勇輝(西島秀俊)と結婚し、閑静な高級住宅街に引っ越す。そこで出会った主婦友の優里(広末涼子)と京子(本田翼)とともに、主婦たちの様々な問題を解決していくことになる。

第2話で、「艶っぽく着物を着こなして夫を迎えたら夫もその気になるのでは……」という下心から、3人は「着付け教室」に通い始める。そこでも抜群の女子力のなさを発揮してしまった菜美は、色香漂う受講生・夏希(高岡)から着付けの仕方から女性らしい所作まで「いろいろと」教えてもらうことに。

そうこうしている内に、夏希が元有名AV女優だった過去が何者かによって町中に暴露されてしまう。ここで、京子が「夏希の出演作品」を観てみようと提案。菜美の家で、3人で画面にかぶりつきながら鑑賞するのだった。このシーンに、「3人で部屋暗くして1時間観ちゃうのめっちゃ笑った」「3人で他の主婦友の出演したAV鑑賞会おっぱじめて戸惑った」「綾瀬はるかさん達が下ネタを話すところも面白かった」といった声があがり話題に。

その後、またしても菜美たちの活躍によって、この一件は見事に落着。無事に街の平和を取り戻すのだった。今回も華麗なアクションで敵を倒したことについては、「さすが綾瀬はるかさん」「今日のアクションもかっこいい」「綾瀬さんならもっとすごいアクションもできるはず」と絶賛とともに、今後のアクションに期待を寄せる声もあがった。

そしてラストシーンでは、伊佐山夫婦が着物の帯をクルクルと巻き取る“悪代官ごっこ”を実施。これには「2人とも可愛すぎる」「西島さんが綾瀬はるかちゃんの着物の帯をくるくるあーれーが最高」「この2人のやり取り好き」「私もあーれーやりたい!」などど話題を呼んでいた。

外部リンク(テレビドガッチ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス