最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

フォルクスワーゲン パサートに2.0Lディーゼルターボを搭載した「2.0TDI」を日本導入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フォルクスワーゲン グループ ジャパン は2017年10月11日、「Passat(パサート)」のディーゼルエンジン搭載車、「Passat TDI(パサート ティーディーアイ)」シリーズの型式認証を取得し、日本市場への導入を決定した。国内販売は2018年初めを予定していて、第45回東京モーターショーで「パサート・ヴァリアントTDI」を参考出品する。

今回導入される2.0Lディーゼルターボエンジンは、排ガス後処理システムに酸化触媒、SCR(尿素式選択還元触媒)、DPF(ディーゼルパティキュレートフィルター)を採用することで、世界的にも厳しいとされる日本のポスト新長期排ガス規制に適合している。この導入によってパサートは、PHEVとディーゼルターボ、ガソリンターボという3種のパワートレインをラインアップに持つこととなる。

フォルクスワーゲン公式サイト

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス