最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

木村拓哉が初の刑事役! 長澤まさみ共演で東野圭吾『マスカレード・ホテル』映画化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 木村拓哉主演、長澤まさみ共演で東野圭吾原作の小説『マスカレード・ホテル』が実写映画化されることが決定した。木村は初の刑事役に挑戦する。

【関連】「長澤まさみ」フォトギャラリー

『マスカレード・ホテル』は、シリーズ累計275万部を突破する東野作品の中でも屈指の人気を誇る「マスカレード」シリーズの第1作。舞台となるのは都内の高級ホテル・コルテシア東京。次々と現れる素性の知れない宿泊客の“仮面(=マスカレード)”をはがそうとする木村演じる警視庁捜査一課の刑事と、その“仮面”を守ろうとする長澤まさみ演じるホテルマン。相反する二人の異色バディが難事件に挑む。

木村が演じるのは、捜査一課のエリート刑事・新田浩介。連続殺人事件の次なる舞台として予告されたホテル・コルテシア東京でホテルマンに扮して潜入捜査に挑む。木村は本作が東野作品初出演。また長澤は新田の教育係に任命されるフロントクラーク・山岸尚美を演じる。

木村は初挑戦となる刑事役に関して「新田の職業は刑事ですが、今回は潜入捜査であり、ホテルマンでもあるので、そのバランスが非常に面白いと思っています。ホテルマンの制服に袖を通すと、自然と背筋が伸び、この作品に関わっている間は、ずっと姿勢が良いと思います(笑)」とコメント。共演の長澤については「長澤さんは非常に表現豊かな方なので、どのようなシーンを一緒に構築できるかとても楽しみにしています」と期待を込める。

一方、長澤は「原作を読んで、刑事とホテルマンの心情にハラハラドキドキしてあっという間に読んでしまいました。仕事に対して真摯に付き合う姿勢は、今の自分にとても響きました。山岸尚美という役は、正義感が強いのが彼女のプライドだと思うので、それを意識して演じたいと思います。また、木村拓哉さんと共演するのは初めてなので、とても楽しみです!」との言葉を寄せた。

監督を務めるのは『HERO』シリーズで木村とタッグを組んだ鈴木雅之。脚本は『ライアーゲーム』シリーズの岡田道尚が務める。

映画『マスカレード・ホテル』は2019年全国公開。

外部リンク(クランクイン!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス