最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

バナナマン日村、小梅太夫&Get Wild&コロッケmixで星野源の『恋』を披露

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Abema TV(アベマTV)にて10月11日に放送された『日村がゆく』(毎週水曜日21:00~22:00)。「日村さん あれやってみよう!」という新コーナーでは、バナナマン日村勇紀が、オリジナルの演出による星野源の「恋」をコミックバンドで披露した。

 クレイジー・キャッツやザ・ドリフターズなどが有名なコミックバンド。日村は「大好き!」と冒頭からやる気満々の様子。

今回このコミックバンドについて教えてくれるのはジェントル久保田さん。彼はGENTLE FOREST JAZZ BANDや在日ファンクなどで活躍中のミュージシャンだ。久保田さんは「実際は今の時代にコミックバンドをそのままやるというのは難しいので、ライブ中にちょっとそういう要素を織り交ぜたりしています」と現在のコミックバンド事情について話す。

 まず日村は、“くしゃみすると演奏が頭に戻る”ネタのあとに“うがいをしながら歌う”ネタにチャンレンジした。前者では「楽しい」とノリノリだったが、後者では「気持ち悪~。なんでこんなことやらなきゃいけないんだ!」と、口元から水をあふれさせて憤慨。「これもコミックバンドです」と聞いて「やだよ~」と嘆いていた。

 そしてラストに、星野源の『恋』をコミックバンドで披露。小梅太夫のモノマネや、日村によるTM NETWORK『Get Wild』のピアノ演奏も途中でミックスし「楽しいね~!バナナマンで培った“すっとぼけ”の表情も使えた」と、ご満悦の表情だった。

(c)AbemaTV

▶︎ Abemaビデオなら「日村がゆく」の過去エピソードも見放題! (無料)

外部リンク(AbemaTIMES)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス