最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

ゴー☆ジャスが“海賊”つながりで「パイレーツ」PR大使?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本部長・マンボウやしろと秘書・浜崎美保がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「Skyrocket Company」。10月9日(月)の生放送は、スペシャルコラボ企画第2弾「TOKYO FM ホリデースペシャル Skyrocket Company『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』MovieNEX発売記念 最後の冒険 前篇~」と題し、宇宙海賊・ゴー☆ジャスさんをゲストに迎えお届けしました。


宇宙海賊・ゴー☆ジャスさん(中央)と、パーソナリティの本部長・マンボウやしろ(右)と、秘書・浜崎美保

「ウォンチュー! 本部長のハートにレボリューション!」とお馴染みのフレーズで高笑いとともに登場したゴー☆ジャスさん。芸歴18年目になるゴー☆ジャスさんが現在の宇宙海賊キャラに定まったのは、約10年ほど前で4キャラ目にしてようやく日の目を見たのだとか。

しかし最近は、お笑い芸人は諦めてYouTuberとして活路を見出している最中だと自虐的に語るゴー☆ジャスさん。そもそも芸人ではなく宇宙海賊であって「別に笑わせる必要がないと思いながら、たまに地球儀ネタをやっている」と開き直ります。さらには「テレビと違ってネットは緊張しなくていい(笑)」と本音も飛び出し、現在の芸能界での立ち位置にまんざらでもない様子。

今回“海賊”繋がりということで、コラボ企画の「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊 MovieNEX」PR大使(仮)に任命されたゴー☆ジャスさんは、終始ハイテンション。「ジョニー・デップがとにかくカッコイイ。だらしない役柄だけど彼が演じるからこそ、すべて許される」と「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズの魅力について語ります。

「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊 MovieNEX」PR大使(仮)としての最初の任務は、なんと“伝説の海賊”ジャックから「日本の海賊仲間のために“お宝”をゲットしてほしい」との指令。

ゴー☆ジャスさんが1時間かけて紙粘土で手作りした海賊船、その名も「あばよ、ジャック!こんにちは、ゴー☆ジャス号」を、わらしべ長者の要領で5人と物々交換した“お宝”が抽選でリスナーにプレゼントされるというこのミッション。

物々交換の模様は「ゴー☆ジャス お宝探索?!」と銘打ち、特設サイトにて公開中! 3部作として、11日(水)まで3日間にわたり1本ずつアップされました。果たしてゴー☆ジャス号がどんな“お宝”へと変貌を遂げたのか……ぜひご覧ください。

最後にゴー☆ジャスさんは、「観るしかナイジェリア! そ~れぇ~い……ここ、ナイジェリア!」と地球儀を指差し猛アピール。ラジオだけでは伝わりきらないネタを全力で披露し、颯爽と去っていくゴー☆ジャスさんでした。

なお、今回のコラボ企画では、新たに10月16日(月)までの期間限定Twitterキャンペーンも実施中。指定の投稿をリツイート&フォローすると、11月6日(月)に開催予定のスペシャルイベント(特別ゲストが来場!)への招待状が5組10名様に当たるので、ぜひともチャレンジしてみてください。

11月8日(水)の「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」MovieNEX発売をさらに盛り上げるべく、11月も特番やスペシャルイベントの開催も発表! 「パイレーツ・オブ・カリビアン」ファンが楽しめるさまざまな企画が目白押しなので、お楽しみに♪

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2017年10月17日(火) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

【番組概要】
番組名:「Skyrocket Company」
放送日時:毎週月曜~木曜17:00~19:00
パーソナリティ:本部長・マンボウやしろ、秘書・浜崎美保
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/sky/
番組公式Twitter:@Skyrocket_Co

外部リンク(TOKYO FM+)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス