最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

会話が続かない人必見! 初対面の男性と楽しく会話する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
初対面の男性と会話が続かない人は結構多いもの。何か話さなきゃ! というプレッシャーがさらにあなたを会話が続かない人にしてしまっているのです。

スムーズに会話をするためにはちょっとしたポイントを抑えるだけで大丈夫! 今回は男性と無理なく楽しく会話が続けられる方法をご紹介します。


■初対面の男性と話すときは自己紹介から始めよう相手の男性に興味がなくても、大人の女性はマナーとして上手に当たり障りのない会話をするスキルを持っていたいものです。興味がある男性の場合は、少しでもお近づきになるために身に着けておくと、いざという時に役に立つと思います。

場の盛り上げ役になる必要はありませんが、相手がおとなしい人や人見知りをするタイプなら、あなたから話をしてくれたら「いい人だな」「気の利く人だな」と思うはず。それだけで好印象を与えることができるのです。

もしかしたら相手も話すきっかけをつかめなくて困っているかもしれません。思い切ってあなたから話しかけてみましょう。どんな相手でも初対面の時は自己紹介からするのが無難です。

「○○株式会社の○○です」
と切り出せば、相手も同様に自己紹介をしてくれるでしょう。相手から先に自己紹介をしてくれた時は、あなたも同じように自己紹介をしましょう。

ここで会話がストップしてしまっては、せっかく勇気を振り絞って声をかけたことが無駄になってしまいます。またもや沈黙の重い空気に耐えなければならない地獄の時間が流れてしまいます。自己紹介をきっかけに相手に無難な質問をしてみましょう。


■無難な質問を投げかけて相手を探ろう自己紹介の後には相手に失礼のないような無難な質問を投げかけてみましょう。

「ご出身はどちらですか?」
「学生時代は何かスポーツをなさっていましたか?」

などが、次の会話につながる良い質問です。出身地がどこか分かれば同じ出身地なら自然と盛り上がりますし、違うところでも「○○が有名ですよね」など、さらに相手に話を振ることができます。有名な食べ物、有名人、観光地などの会話につなげましょう。

また、学生時代のスポーツを尋ねるのも、自分との共通点を見つけることができれば良いきっかけづくりになります。あなたが経験のないスポーツだった場合は、「今でも続けていますか?」とかそのスポーツのルールなどを尋ねてみるのもいい案です。

男性は女性に何かを教えたり、話して聞かせたりするのが大好きです。タイミングよく相槌を打ってどんどん相手の話を聞きだしましょう。

キーワードを拾って「○○なんですね」「○○だなんてすごいですね」など、相手が言っていることを繰り返すと話をしっかりと聞いてくれている気がして好印象を持たれます。

もし相手が質問をしてくれたら、それに答えた後に相手にも同じ質問をしましょう。自分が話したいと思っていることを相手に尋ねるという確率はとても高いです。聞かれたことを繰り返す質問は楽しく会話を続けるのにとても効果的です。


■こんな質問はしちゃダメ! マナー違反な質問はコレ!初対面ではあまりプライベートな質問は避ける方が無難です。その場で意気投合して話が盛り上がっている場合はOKですが、見極めを誤ると「失礼な人」という烙印を押されかねません。

こちらが打ち解けたと思っていても、相手が同じように思っているとは限りませんので注意が必要です。興味のある相手にはどうしても深く知りたいという思いから、突っ込んだ質問になってしまいがちですが初対面ではやめておいた方が無難です。

「今まで何人と付き合ってきたか」
「前の彼女とはどういう理由で別れたのか」

などは、相手から話してこない限りは話題にあげないでおきましょう。また、「どこに住んでいるか」ということもあえてこちらから尋ねないほうがいいでしょう。個人情報が厳しく管理される時代ですので、酔っぱらったおじさんがセクハラまがいにするような質問は避けましょう。


■おわりにいかがでしたでしょうか。
初対面の男性とでも質問に対する答えの中からキーワードを拾っていけば楽しく会話を広げることができます。そして相手を自然に誉めることができればきっとうまくいくでしょう。

誉められて嫌な気分がする人は少ないものです。相手の懐に飛び込むつもりでいきなり「素敵なネクタイですね」などと誉めるところから入るのもおすすめです。いつも会話が続かなくて嫌だな……などと思っている人はぜひ実践してみてくださいね。

Written by miichikin


外部リンク(恋学)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス