最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

“バンプをとらないプロレスラー”ポール・Eの不眠パワー――フミ斎藤のプロレス読本#109【ECW編エピソード01】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


199X年

『スリープレス・イン・シアトルSleepless in Seattle』(邦題『めぐり逢えたら』)というタイトルの映画があったけれど、ポール・Eの場合は“スリープレス・イン・ニューヨークSleepless in New York”だ。

ポール・Eはほんとうに眠らない。リングネームはポール・E・デンジャラスリー。本名はポール・ヘイメン。みんなにはポール・Eと呼ばれている。3日間で5時間ばかりの睡眠時間をとればましなほうらしい。

そんなにずっと起きていてなにをしているのかというと、夜も昼もなくプロレスのことばかり考えつづけているのだ。

ポール・Eの仕事は悪党マネジャーということになっている。もちろん、これは表向きの顔で、もっともっと大切な業務はドレッシングルームのなかをシキることにある。

イーストコースト・エリアでものすごいカルト人気を呼んでいるECW(エクストリーム・チャンピオンシップ・レスリング)はポール・Eのブレイン・チャイルドである。

こんなボーイズを集めて、こんなキャラクターをつくって、こんなレスリングを観せよう、というもろもろのアイディアはほとんど全部、ポール・Eがひとりでひねり出している。

ニューヨーク生まれのポール・Eは、ニューヨーク・ニューヨークのプロレスをすぐそばで観て育った。

ブルーノ・サンマルチノやペドロ・モラレスや“スーパースター”ビリー・グラハムの試合だったらディテールのディテールまでほとんど暗記しているし、いまだって何年の何月のマディソン・スクウェア・ガーデン定期戦の第何試合はだれとだれが闘って、どっちがどんな技で勝ったかを正確に記憶している。

根っからのマニアだから“インサイド・レスリング”“レスリング・イラストレーテッド”といった専門誌は穴が開くほどむさぼり読んだし、少年時代は自分でミニコミのたぐいをつくってみたりもした。

そんなにプロレスが好きだったらレスラーをめざすか、マガジンのエディターを志望するか、あるいはプロレス団体に就職してスタッフとして働こうと考えるのがふつうだけれど、ポール・Eの場合は悪党マネジャーになるものと子どものころから心に決めていた。

けっきょく、じっさいにプロレスの世界に入ったのは17歳のときだった。アポイントメントも取らずにタンパのNWAフロリダのオフィス(タンパ・スポータトリアム)を訪ねていって「ここで働けますか」と直談判してみたら、いきなりTVマッチ用のリングに上げられて、たまたまスタジオに来ていたスコット・ホールにパワースラムを食らって悶絶したことがあった。

ニューヨークにいてもろくに仕事なんてないから、アメリカじゅうを放浪するようになった。

10年近い悪党マネジャー稼業でポール・Eが味わったのは屈辱だけだった。プロモーターにしてみればレスラーは大切な商品だが、マネジャーなんて“屁”みたいなものなのだ。

いままでいちばん長くいた団体はWCWだったが、レスリング・ビジネスのなんたるかをまったくわかっていない、また勉強しようともしない背広組のエグゼクティブがプロレスの“中身”をいじくっているところを指をくわえてみているのがいやでいやでたまらなかった。

ポール・Eがほんとうにやってみたかったのはクリエイティブ・ワークだった。だれにも邪魔されずにプロレスを“つくる”には、やっぱり自分で団体をおっぱじめるしかなかった。

そこらじゅうをかけまわってスポンサーを探しまくり、やる気はあるけれど仕事がなくてふらふらしているインディーズ系のボーイズに声をかけ、定期興行が打てるような小屋を見つけ、ECファッキンWはささやかなスタートを切った。ポール・Eがスリープレスになったのはそのころからだ。

ECWのロゴの下には“ハードコア・レスリング”なるコピーが記されている。WWEやWCWのブランド感、メジャー感に対抗しようとは思わない。

そこに足を運べばプロレスらしいプロレスがある、という状況をこしらえたい。ライヴの主人公には、日本のFMWのビデオで発見したサブゥーを迎え入れた。

類は友を呼ぶ、ではないけれど地道にハードコア・レスリングに取り組んでいるうちにだんだんと重要な登場人物が集まってきた。メジャー2団体の市場独占に嫌気がさしていたテリー・ファンクがポール・Eに全面協力を約束してくれた。

アメリカと日本を行ったり来たりしながらインディー・シーンでムーブメントを起こしていたカクタス・ジャック(ミック・フォーリー)もECWに合流した。

サウス・フィラデルフィアの場末のビンゴ・ホールがECWの聖地となった。

携帯電話はギミックではなくて、いつでもどこでもボーイズと連絡を取るための生活必需品。“眠らないニューヨーカー”ポール・Eは、脳内パンプをとりつづけ、命をちぢめながら革命を起こしているのである。

※文中敬称略

※この連載は月~金で毎日更新されます

文/斎藤文彦


外部リンク(日刊SPA!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス