最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

【試写室】「刑事ゆがみ」浅野と神木の組み合わせはまさに“適当”だ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「きゅん」という言葉を聞いて、何を思い浮かべるだろうか?

大体は胸がときめく感じというか、いとおしく感じるとか、そっち系の青春ど真ん中なラブストーリーなどで使われる「きゅんとする~」という意味を思い浮かべることが多いはず。キュンキュンとか、胸キュンとか、鬼キュンとか、最近はゲラキュンってのもあったな。

そんなきゅんを“君”的な意味として使われて広く親しまれる稀有な存在が、神木きゅんこと、神木隆之介だ。キュンキュン系イケメン俳優はあまたいるが、そう呼ばれるのは彼くらいのものだろう。

各局で放送されているドラマやバラエティー、アニメなどを事前に完成DVDを見て、独断と偏見とジョークに満ちたレビューで番組の魅力を紹介する、WEBサイト・ザテレビジョン流「試写室」。今回はその神木が出演し、浅野忠信が主演を務める「刑事ゆがみ」(フジ系)を取り上げる。

本作は、井浦秀夫による同名漫画が原作。浅野が演じる犯罪者の心が読める天才適当刑事・弓神と、神木演じる出世欲に燃える腹黒刑事・羽生の凸凹バディが、さまざまな難事件に挑んでいく本格派刑事ドラマだ。

1話完結型のスタイルで進み、時代性あるトラブルに巻き込まれながらも、解決していく2人の姿を時にユーモラスに、時にセクシーに、時にスタイリッシュに描く。

第1話では、女子大学生の押田マイ(小倉優香)が、歩道橋下で仰向けに死んでいるのが発見される。死亡推定時刻は深夜1時。マイは酒を飲んで帰宅途中に、誤って階段から転落した可能性が高かった。しかし、死体を見て何かを感じた弓神(浅野)は、羽生(神木)を巻き込んで勝手に捜査を始めてしまう。

弓神は、ハッカーの“ヒズミ”こと氷川和美(山本美月)からも情報を得て、事件当日、マイと一緒に飲んでいた友人・倉間藍子(大後寿々花)に会いに行く。すると藍子は、1週間ほど前にマイが電車内で痴漢した男を捕まえたこと、男から現金を受け取り警察には届けなかったこと、そして、その夜から嫌がらせを受け始めたことを打ち明ける。

弓神たちは、痴漢騒動があったうきよ台駅を訪れ、当日勤務していた駅員・坂木望(杉咲花)から話を聞く。望とは中学時代の同級生だった羽生は、思わぬ再会に心が躍る。やがて、弓神と羽生は坂木の協力を得て、痴漢疑惑の男・沢谷(岡田義徳)を発見するのだが…というストーリーだ。

リポートやレビュー系の記事によく使われる表現で「心を鷲づかみにされる」とあるが、今回冒頭でそれを使いたくなる展開になっていて、恐れ入った。

先入観を持って見てほしくないので、あえてそこは濁しておくが、あまり見かけない新ドラマの入り方だなと。それも事前情報が全くない状態でああいう展開にするという思い切った演出に、このドラマは刑事ドラマと言っても一筋縄ではいかない作品なんだろうなというのがすぐに理解できた。

まず、まさお…ではなく浅野のキャラクターが見事。“天才適当刑事”って何やねんとも思っていたが、なるほど、その言葉が適当だなと思えるほどのいいかげんで良い加減の刑事だった。

一見すると何の脈絡もないように思える行動(言動)も、きっちりと意味を持ってされていることであり、目に見える形でちゃんと回収もされているという。

持ち前のダンディズムと、おちゃめなキャラクター性、どちらかといえば近年は映画のフィールドで活躍していた彼が、また連続ドラマでメインを張るというだけでありがたいのに、こんなに油断ならない役どころを演じられたら、普通の役者ではなかなか太刀打ちできないはず。

ダンスっぽい動きをする場面なんか、おちゃめが服を着て動いているような感じがして、ぜひ今後も踊っていただきたいところだ。

そして、バディを組むのが意外にもこれが初めての刑事役という神木きゅん。本人が腹黒かどうかは“神”のみぞ知るとして、腹黒キャラが似合う若手俳優ランキングがあったら、上位に食い込みそうな彼が(※主観です)、出世欲に燃える腹黒刑事なんて、もうピッタリ過ぎて、このキャスティングを決めたスタッフに最大級の賛辞を贈りたい。

腹黒さだけではなく、先ほど触れた冒頭の心を鷲づかみにされたシーンでの立ち居振る舞いもそうだし、ある被疑者に対して徐々にトーンを上げて怒りをあらわにするシーン、弓神に振り回され憤る感じ、そして望に心躍るかわいらしい青年な感じ、いろいろな神木にきゅんとさせられるファンが続出しそうだ。恐らく女性目線では、今作の衣装も眼福だろう。

そんな2人のコンビ。凸凹バディというより、良くも悪くも“適当”なバランス感があって、ずっと見ていたくなる。

その他、この手の男性バディものには欠かせないバリバリ仕事がデキる女性上司を演じる稲森いずみ、既に“オン眉”ビジュアルが話題を呼んでいる闇が深そうなハッカー役・山本美月、駅員姿が絶妙にハマっているゲストの杉咲など、キャストそれぞれが魔法にかかったかのようにこのドラマの世界で花開いている。

ものすごくしょうもないことを言うと、1話ゲストでは、1文字違いの美女2人・小倉優子&小倉優香の同時使いもニクイ。小倉優香の演技は初めて見たが、なかなか強烈な印象を受けたし、それに何と言っても友人役の大後寿々花がまた素晴らしい。

最初、地味な雰囲気のせいもあって実は誰だか気付かなかったのだが、感情を表に出すシーンでは、その目の強さとせりふ回しの力強さに圧倒された。さすが幼少のころからキャリアを積んできただけのことはある。ロボットのように正確無比な演技に、早くまた別のキャラクターで演技を見たいなと思わされた。

とまあ、キャストにきゅんきゅんさせられっ放しだが、それもこれも原作・そして脚本の緻密さ、練りに練られたストーリー展開があってこそだ。

それにしても、日本の刑事ドラマの主人公はどうしてこうも変人系が多いのか。別にテレビ局の人間や脚本家が刑事にうらみを持っているわけではないだろうし、偶然にもただ格好いいだけの刑事がメインに据えられたものより、変人系の刑事が主人公の刑事ドラマの方が長寿シリーズ化されることが多いような気がする。

飽きずに長く愛されるためには、真っすぐより、少しくらい“ゆがみ”がある方が何事もいいのかもしれない。

って、こんなゆがんだレビューを書く筆者に言われたくねえよ!って話ですよね。ええ、そのツッコミが適当だと思われます。

https://news.walkerplus.com/article/124167/

外部リンク(ザテレビジョン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス