最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

アウディQ2 1.0TFSI試乗レポート メガシティライフを満喫できる高級コンパクトSUV

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年3月のジュネーブショーでワールドプレミアしたアウディQ2だが、国内デビューは1年遅れの2017年4月。そしてやや遅れて1.0Lモデルも発売され、「プレミアムモデルで1.0Lターボはいかがか?」という気持ちもあり、ようやくその1.0Lモデルに試乗することができた。<レポート:高橋 明/Akira Takahahsi>

欧州でのラインアップはガソリンエンジンが3種類、ディーゼルが3種類。全部で6種類からエンジンが選べる。ガソリンは1.0L、1.4L、2.0Lのいずれもターボ過給の3種類で、このうち1.0Lと1.4Lのガソリンが国内導入されている。1.0Lは3気筒ターボで116ps/200Nm、1.4Lは気筒休止をするシリンダー・オン・デマンドを備えた150ps/250Nmの4気筒モデル。2.0Lは最新のBサイクルエンジンと呼ばれる新燃焼方式で190psの高効率エンジンだ。

ディーゼルの国内導入は現在のところ予定されていないが、1.6L TDIと2.0LのTDIでこちらは出力違いの2種類になっている。また、クワトロに関しても国内モデルはFFのみで導入は見送られ、7速Sトロニックのデュアルクラッチモデルだけの導入になっている。

■■アウトライン試乗モデルは1.0 TFS sportでボディサイズやパワートレーン系は標準車の1.0L TFSIと同じで、タイヤサイズの違いと装備違いがある。価格は標準車の1.0TFSIが299万円でsportが364万円と65万円の差がある。そして1.4LのTFSIは405万円というプライスだ。

このsportグレードはタイヤサイズが16インチから17インチへアップされ、装備類は上級の1.4Lモデルとほぼ同等の充実ぶりで、ベストチョイスはこのモデルではないだろうか。

ボディサイズはQ3よりやや小さいという印象で、A1のSUV版ではなく、フォルクスワーゲンゴルフと共通のプラットフォームMQBを採用いしてるためCセグメントと同等のサイズになっている。全長4200mm(4400mm)×全幅1795mm(1830mm)×全高1500mm(1615mm)、ホイールベース2595mm(2605mm)というサイズで、立体駐車場にも対応する日本にジャストフィットするサイズだ。*()内はQ3のサイズ。ちなみに、今後Q3はサイズアップしC/Dセグメントへとシフトする。

従って、ラゲッジスペースも大きく5人乗車時でも405Lあり、60:40の分割リヤシートや後席を倒した際の容量は1050Lまで拡大でき、ユーティリティも十分な容量をもっているのだ。

新型アウディQ2のポイントはやはりデザインだ。これまでのアウディとは異なるモチーフで、「ポリゴン」と呼ばれる多角形モチーフで、サイドビューのベルトラインにその特徴的なデザインを見ることができる。またフロントグリルも八角形で特徴的だ。そして目を惹くCピラーの処理。ボディと同色としないグレーカラーの処理として、デザイン処理に強いこだわりがあるのだろう。ひとつのアクセントとしてアイキャッチ―になっていることは間違いない。もちろん、全体のシルエットもプレミアムコンパクトSUVらしく存在感の強いデザイン、ルックスを持っている。

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス