最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

浮気 

【浮気】彼の“ウソのサイン”見逃さないで! 元刑事に聞いた「要注意な言動」7つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
彼氏のあやしい言動……、もしかして浮気!?

イヤな予感がして、本人に問い詰めたとき、彼の言葉がウソなのか本当なのかを見抜く方法があります。

元刑事さんに、ウソの見抜き方を取材しました。

元刑事というキャリアを持つ森透匡(もりゆきまさ)氏は、犯罪検挙や取り調べで身につけた、人間心理を見抜くスキルを生かし、人事コンサルタントとして独立。

現在は「元刑事によるウソと人間心理の見抜き方」というテーマで全国を講演活動し、主催する「刑事塾」では、詐欺にだまされないコツや、採用面接で人の本質を見抜くテクニックを教えています。

そんな森さんに「彼氏のウソを見抜く方法」を教えていただきました。

ここでは「彼氏に浮気の疑いがあり、どうやら浮気相手は友達のA子らしい」という状況について検証します。

果たして彼は、シロなのか、クロなのか。

元刑事直伝の、以下のポイントをチェックしましょう!

■当てはまったらウソをついているかも!? 彼の言動チェックポイント

■1.相手の質問を繰り返す

彼女:「日曜日、何をしてたの?」

彼:「日曜日?何をしてたかって?」

このように、相手の質問をそのままオウム返しするのは、ウソのサインです。やましいことがあり、即答できないので、質問を繰り返すことで、何と答えようか考える時間をかせいでいます。

何もやましいことがなければ「〇〇に行っていたよ」と、普通に答えるはず。

■2.質問に答えることができない

彼女:「最近、わたしの友達のA子と仲がいいんじゃない?」

彼:「A子ちゃんは……、君の大学の友人だったよね。初めて会ったのは、飲み会だったね」

この会話、彼女の「仲がいいんじゃない?」という質問に対し、彼は「君の大学の友人」「初めて会ったのは飲み会」と言っています。しかし、これでは全く質問の答えになっていません。

このように、質問に答えず、質問以外のことを話すのは、かなり怪しいです。

■3.簡単な質問が理解できない

彼女:「日曜日、A子と会った?」

彼:「え?どういうこと?」

A子と会ったか、と尋ねているだけなのに「どういうこと?」と聞きなおしています。簡単な質問なのに理解ができない。これは動揺のサインです。

身に覚えがなければ「会ってないよ」と即答できるはずです。

■4.余計な説明が多い

彼女:「A子とあなたが一緒にいたのを見たっていう友達が、教えてくれたの。二人で何をしていたの?」

彼:「あー、えーと、その日は9時頃起きて……そう、午前中はジムにいって、筋トレとランニングをしたんだったな。その後に駅前のカフェで休憩して、本を読んでたんだけど、そうしたらA子ちゃんを見かけて、一緒にランチしようかっていう話になって……」

このように、やたらと余計な説明をするのはウソのサイン。動揺している証拠です。

やましいことがなければ「偶然、カフェで会ったから、そのままランチをしたんだよ」という話で済みます。

■5.整理整頓のしぐさが現れる

ウソをついていると心が乱れるので、身の回りのものを整えようとするしぐさが現れます。

例えば、話をしながら、テーブルの上にあるグラスの位置をなおす、ネクタイをしめなおす、メガネをかけなおす、などのしぐさが見えたら、ウソをついている可能性があります。

■6.顔に手がいく

ウソをつくと、自分の鼻をさわる、あごをさわるなど、顔に手がいきます。

無意識のうちに「言ってはいけないウソを言っている、口をふさごう」という理性がはたらき、口元付近に手がいきます。

■7.逆ギレする

彼:「なんだよ!ただ、偶然会っただけだよ!別にやましいことなんかないよ!何を疑っているんだよ!!」

こんな逆ギレは、かなり怪しいです。詐欺師などの犯罪者は、必ずと言っていいほど、逆ギレするそう。

自分のやましい気持ちを打ち消すと同時に、怒って相手を説得しようとしています。

以上、彼氏のウソの見抜き方7つをご紹介しました。

彼氏のウソの場合、真実を知るのはちょっぴり怖い気もしますが、どうしても本当のことを知りたい!という場合には、ヒントにしてはいかがでしょうか。

彼氏のみならず、あらゆる人間関係に活用できるウソの見抜き方。「この人の言っていることは、本当?」と思ったときには、刑事の視点で相手を見てみてくださいね。

取材協力:経営者の「人の悩み」解決コンサルタント 森透匡氏


外部リンク(ウレぴあ総研)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス