最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

2連覇へ向けてウォズニアッキが好発進[香港テニス・オープン]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
前回優勝者のカロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)は、「香港テニス・オープン」でユージェニー・ブシャール(カナダ)との初戦を6-1、6-1の快勝で飾った。
スランプに陥っていた彼女は今年の「東レ パン・パシフィック・オープン」で連覇を果たし、やっとスランプから脱することができ、「BNP パリバ WTAファイナルズ・シンガポール」の出場権を得ていたとWTA公式サイトが報じている。
ウォズニアッキは、2014年の「ウィンブルドン」のファイナリストであるブシャールに対して激しい攻勢をかけ続け、早々に厳しい状況に陥らせる。ウォズニアッキは最初のサービスゲームでブレークを奪われたものの、3度のブレークポイントを得た。ブシャールは耐え続けようとしたものの、ウォズニアッキの容赦ない攻撃が続いた。
ウォズニアッキは一方的な戦況であった第1セットはわずか30分もかからず奪取し、わずか55分で勝利を収めている。
ウォズニアッキは次の試合で青山修子(近藤乳業)を7-5、6-3で破り、存在感を増してきている19歳のリゼット・カブレラ(オーストラリア)と対決する。
地力で勝る彼女が、「香港テニス・オープン」でも2年連続優勝へ向けて好発進に成功。この大会の優勝へはもちろん、「BNP パリバ WTAファイナルズ・シンガポール」へ向けて調子を上げている。
(テニスデイリー編集部)
※写真は「香港テニス・オープン」で快勝したウォズニアッキ
(Photo by Power Sport Images/Getty Images)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス