最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

ホノルルのおすすめ観光地20選! ダイヤモンドヘッドにワイキキビーチ……見所を紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ハワイ諸島は、南からハワイ島、マウイ島、オアフ島、カウアイ島など8つの島をもち、その中でもハワイの玄関口、ホノルルは世界中からお客様を迎えるリゾート地です。美しい砂浜と穏やかな気候は日本人にとって休暇をのんびり楽しみたいリゾートの人気ナンバーワンで、ちょっとハワイでバカンスを過ごす……それだけでも、洗練されたオトナ、おしゃれな人というイメージがあります。ここではそんな流行の先端、ホノルルのおすすめ観光地20選をご案内します。

■ホノルルの治安

ホノルルの治安は比較的いいと言われていますが、置き引き、ひったくり、強盗窃盗などは頻繁に発生していて自己警戒が必要です。例えば、レンタカー内にバッグを置いて施錠していても窓ガラスを割られて車上荒らしにあったり、トランクに入れていた購入したばかりのブランドバッグをとられたりと、施錠をしていても被害にあうことがありますので注意が必要です。

ワイキキでは最近ホームレスが非常に増えていて、ホームレスによる犯罪も増加傾向にありますので、特に注意が必要です。

■時差

日本とホノルル・ワイキキの時差は19時間で、日本のほうが進んでいます。日本が午後7時の場合、ハワイは午前0時となります。サマータイムの設定はありません。

■飛行時間

成田国際空港からハワイ・ホノルル空港(ダニエル・K・イノウエ国際空港)までは、往路7時間~8時間、偏西風が吹く復路は8時間~9時間飛行に時間がかかります。

■旅費

旅費はアジア系エアラインを利用した格安のパッケージツアーで2泊4日5.8万円~(エコノミーホテルランク利用)で、バーゲンセールやホテル代の節約をすると10万円以下でワイキキ旅を楽しめる、という傾向があります。

4泊6日でも6.98万円~販売されていますので、あとはホテルエリア、ランクなどを選択することで料金に差が出てきます。6泊8日でも9.2万円~販売があります。ツアーを企画している会社によっては無料でトローリーバスに乗車できたり、ホテルへの移動、チェックインがサービスで行われたりなど、サービスに差がでることもありますのでよくチェックして比較してから予約をしましょう。

■言語

ホノルルでは英語が公用語です。

■その他注意事項

大きな事件事故にはつながっていませんが、窃盗や強盗はワイキキを中心としたエリアで観光客をターゲットにする場合が多く、十分注意が必要です。最近話題のハナウマ湾やワイマナロ、ノースショアなどのビーチ周辺、中心部のショッピングセンターやダウンタウンなどでは早朝や夜間などに、毎日事件が起きています。

特に夜のアラワイ運河沿いやダウンタウンは強盗や殺人犯罪が横行していますので、人気のない場所や、暗がりなどは注意が必要です。

女性は夜間の一人歩きをせず、男性からの甘い誘いは断りましょう。軽い気持ちでワンナイトラブを楽しみ、彼が日本までついてきてアパートに住みつき、お金を要求されたり部屋のものを勝手に使われたりなどの結婚詐欺の被害に遭った、なんていうトラブルもありますので気を付けましょう。

■ホノルルのおすすめ観光地20選

ホノルルのおすすめ観光地1.ワイキキビーチ

ワイキキビーチ

ハワイと言えばワイキキビーチ! ホノルルに来たら、この海を見ない選択肢はないでしょう。ビーチ前には有名レストランやエンターテーメントなどのイベントの開催が多いのも人気の理由。テレビや雑誌で見た風景を楽しめるそんなビーチです。

ここワイキキにパワースポットがあるのを知っていますか? 遥か昔、タヒチのカナフ(祈祷師)が自分たちの持つマナ(病を治すとも言われる聖なる力)を封じ込めたと言われる石が、実はワイキキビーチに「魔法石」として現在も大切に保存されているんです。ワイキキビーチ警察分署の脇にあるので、ビーチを訪れたときは、時を越えて存在する魔法の力を感じてみませんか?

ホノルルのおすすめ観光地2.ダイヤモンドヘッド

ダイヤモンドヘッド

ハワイ定番の風景であるダイヤモンドヘッドには、初心者向けのハイキングコースもあり、ゆっくり行っても往復で2時間もあれば十分楽しめます。ワイキキのエメラルドブルーのビーチや澄み切ったスカイブルーの空など、頂上からの絶景と爽快感は登った人のみが味わえる最高のご褒美。

登山道にはトイレはないので、山頂を目指す前には、登山口にあるトイレを使用していくといいでしょう。途中道幅が狭いところでは、下りてくる人と道を譲りあいながら進んでいくことになります。そんなときは「Hi!」「Hello!」と声をかけてみましょう。お互いに気持ちよくトレイルを楽しめます。

ホノルルのおすすめ観光地3.ハナウマ・ベイ

ハナウマ・ベイ

全米のベストビーチNO.1に選ばれたこともあるハナウマ・ベイは、オアフ島の東南部に位置し、色鮮やかな魚たちに近づけるシュノケーリングスポットとしても人気。ウミガメやたくさんの魚たちに出会えるハナウマ・ベイを知ってしまった人は、他の海では満足できなくなるというのも納得できるでしょう。

キュートな魚たちに夢中になり、背中をつい日焼けしてしまったなんて声もよく聞かれるので要注意。穏やかな遠浅の海は水の透明度もすばらしく、とっても人気があります。ワイキキ地区のホテルからは送迎がついたツアーが多数あります。リトルマーメイド気分を味わいたいなら、訪れてみたいスポットです。

ホノルルのおすすめ観光地4.ハワイ出雲大社

ハワイ出雲大社

テレビで話題のあのヌシカンさん&アシカンさんがいるのがハワイ出雲大社です。白い鳥居が青空に映えた姿は美しく、また日本とは違った佇まいです。

ここでの注目ポイントは、本殿の両脇のトロピカルな狛犬さん。ハワイらしく首に鮮やかなレイが飾られている姿はとってもキュート! 友達に見せたくなる1枚を撮ってみては?

お守りは、マラソンのお守りやカードタイプのお守りなど、ハワイらしいデザインがたくさんあるのでお土産に選ぶ人も多いそうです。御朱印もハワイらしく英語が書かれた斬新なデザインなので、御朱印帳と一緒にいただけば旅のすてきな思い出とお土産になるでしょう。

ホノルルのおすすめ観光地5.KCCファーマーズマーケット

KCCファーマーズマーケット※写真はイメージです

ハワイ最大級のファーマーズマーケットは、ダイヤモンドヘッドの麓にある大学の駐車場で開催されます。毎週土曜日の午前中に、100以上の屋台が立ち並ぶ光景は、まるで日本のお祭りのようです。ダイヤモンドヘッド登頂後に、ここで朝ごはんを食べる多くの人の姿が見られます。

おすすめは、Pacifikool Gingercooler(パシフィクール・ジンジャー)。ショウガの果汁と果肉で作ったシロップはぴりっとした味がしつつ、絶妙な甘さがミックスされた逸品! フルーツジュースと合わせたハワイアンドリンクはきっと癖になるのでは?!

ハワイの名物なども多く集まるので、お土産探しにもベストスポットです。最近は日本人観光客の姿を多く見かけるようになり、安心して買い物を楽しめると人気が集まっています。

ホノルルのおすすめ観光地6.マカプウ岬

マカプウ岬
オアフ島の海岸線や断崖の絶景を眺めることができるマカプウ岬は、頂上まで穏やかな傾斜が続き、手軽にハイキングができると地元の人にも人気大。
「パイレーツ・オブ・カリビアン」が撮影された場所もあり、冬には、アラスカからハワイ近海に訪れるザトウクジラが見られることも! うさぎ好きにはたまらない、背中を丸めたうさぎに似ている(横顔説も有り)ラビット アイランド(マナナ島)を望むこともできます。

また火の女神ペレが座って休憩をしたといわれる「ペレの椅子」があるので、ぜひパワーチャージを! 人気のスポットのため、曜日や時間帯によっては駐車場が満車になることもあるので、ツアーでの参加が安心です。

ホノルルのおすすめ観光地7.Manoa Falls(マノアの滝)

Manoa Falls(マノアの滝)
ワイキキからさほど離れずに、熱帯のジャングル気分を味わうことができ、ハイキングコースとして人気のパワースポットです。「ジュラシックパーク」のロケ地の1つとしても有名です。虹がよく出ることから別名「虹の谷」と呼ばれることも。そのわけはワイキキの年間降水量300ミリに対し、マノアの滝のあるマノア渓谷は5,000ミリにもなるという雨量の多さ! 虹が出やすいハワイの中でも特に虹が見やすい観光地です。足場の悪いところもあるので、歩きやすい靴で行くことは必須です。
滝はもちろん、巨大なシダ植物や何気に出没する巨木など、遥か昔のジャングルにタイムスリップした気分を楽しめるでしょう。雑貨屋さんもあるので、ジャングル探検中に飲むミネラルウォーターや軽食を購入することができます。

ホノルルのおすすめ観光地8.ホールフーズ・マーケット

ホールフーズ・マーケット※写真はイメージです
オーガニック食材やコスメの品揃えが世界級のグルメスーパーマーケット。地元農家の生産物を多く取り扱っているので、そのときの一番おいしいフルーツや野菜を見つけることができるでしょう。
グルメな友達へのお土産なら、Rare Hawaiian(レアハワイアンズ)の奇跡の白いはちみつ「Organic White Kiawe Honey」がピッタリ! 世界最高ランクのはちみつは、クリームのような舌触りで自然がそのまま溶け込んだよう。自分へのご褒美にもいいですね。

高い保温力や飲み心地で日本でも人気のステンレスボトル「ハイドロフラスク」。ホールフーズ・マーケットには、種類・カラーバリエーションがびっくりするくらい豊富。レアなデザインにセールの赤札がついていたら、迷わずゲットしましょう!

ホノルルのおすすめ観光地9.ハウツリーラナイ

ハウツリーラナイ※写真はイメージです
「ザ・ニューオータニ・カイマナビーチホテル」内にあるビーチフロントレストラン。ワイキキの喧騒を忘れ、ゆっくり食事を楽しみたいときに訪れたいお店です。
ここではエッグベネディクトが人気NO.1メニュー。チョイスに迷ってしまったときは、どのメニューもボリュームがあるので、サーモンやターキーベネディクトなど違った種類をシェアして食べるとおいししさが何倍にもなるでしょう。カリカリのマフィンの上のとろとろの卵、きっとリピート間違いなしです!

オーシャンビューの席に座り、ハウツリーの木の下での食事は、きっと素敵な思い出の1つになるのではないでしょうか。

ホノルルのおすすめ観光地10.イオラニ宮殿(カメハメハ大王像)

イオラニ宮殿(カメハメハ大王像)
ハワイ王国を建設した初代国王の像が建つイオラニ宮殿。アメリカに存在する唯一の宮殿というのも興味がわきますね。
王族が使用していた家具や宝物などが飾られていて、当時のダイニングなどを再現した部屋の見学ができます。月・金の11時半からは日本語ガイドツアーがありますが、人数制限があり予約が必要です(ホームページからも予約可能)。小さな売店もあるので、ここでお土産を探すこともできます。

宮殿内に入り最初に目にする大階段は、ハワイの固有種「コアウッド」でできています。精霊の宿る木とも知られ、古代ハワイの王族しか使用することが許されなかったそうです。現在は絶命の危機にさらされ、希少な木の1つに数えられています。

ホノルルのおすすめ観光地11.アラ・モアナ・ビーチ・パーク

アラ・モアナ・ビーチ・パーク
約1キロにも渡る白砂のビーチが素敵な、ホノルル市民が愛するビーチです。リーフの内側なので波がなく、釣りを楽しむ人の姿が多くみられます。世界的ビーチ、ワイキキのすぐそばにありながらローカル感が漂い、全く異なる空気が流れ、そのギャップ感がたまりません。
ビーチの一番ワイキキよりあるマジック・アイランド(人工の入り江)は、メモリアルデーでは灯籠流し、独立記念日には花火大会などが開催されています。

巨大ショッピングモール「アラモアナ・センター」が道路を挟んだ向かいにある便利さも魅力! ビーチの帰り道に、食事やショッピングができるので、少しでも時間を節約したい人におすすめのビーチです。

ホノルルのおすすめ観光地12.ロイヤル・ハワイアン・センター

ロイヤル・ハワイアン・センター
充実度ワイキキNO.1! ワイキキの中心部、カラカウア通りに面した巨大ショッピング・エンターテイメント複合施設です。グリーンが多いので、ハワイの熱気に疲れたときの休憩スポットにもってこいのスポットです。
「Island Sope&Candle Works」は、ハンドメイドソープとキャンドルのお店です。体の中から癒やされるような香りが広がる店内には、ハワイのお土産にぴったりのユニークなグッズがいっぱい! ついつい自分用のグッズを買ってしまう人が多いのもうなずけるはず。

そして、ハワイのお土産として外せないのが「Honolulu Cokie Campany」。包装紙を見れば、こだわり屋の友達も喜ぶこと間違いなし。バレンタインの時期には、限定のハート形のクッキーがあるのも見逃せませんね。

ホノルルのおすすめ観光地13.Shabbyroomhawaii(シャビー・ルーム)

Shabbyroomhawaii(シャビー・ルーム)※写真はイメージです
ハワイのキュートな雑貨を探すなら、ワイキキの真ん中にあるシャビー・ルーム。ハワイらしさを感じるものやセレブ御用達のものなど、バラエティーに富んだ雑貨が待っています。
カラフルなデザインが女子の心をくすぐるエコバックは、かさばらないため、お土産用とお土産を入れる用に買う人が多いとか。ばらまき用にはトロピカルな柄のシュシュなど、リーズナブルなのにmade in Hawaiiがうれしい!

ガーリーな柄のドレスエプロンは、日替わりで使いたくなるデザインで料理が苦手な人も、ついついキッチンに立つ回数が増えちゃうかも。どのグッズも、ハワイでの出来事を楽しく思い出させてくれるデザインになっているのが人気の秘密でしょう。

ホノルルのおすすめ観光地14.ホノルル動物園

ホノルル動物園
上野動物園とほぼ同じ広さがあるホノルル動物園。広々とした園内からは、ダイヤモンドヘッドを臨むことができます。一番の人気は、シマウマやキリンの表情まで確認できる距離感のアフリカンサバンナ。日本では見ることのできない迫力満点のコモドドラゴンにも会うことができます。
25セントコインにホノルル動物園オリジナルの刻印を入れられる機械があるので、思い出に1枚作ってみては? 園内のショップで販売しているトライバル風なデザインのTシャツは、お土産にも人気大です!

ワイキキの穴場スポットとして挙げられることが多いホノルル動物園は、ワイキキの中心部から徒歩で15分ほどのところにあるので、時間ができたときに行ってみるのもいいですね。

ホノルルのおすすめ観光地15.ワイキキ水族館

ワイキキ水族館
100年以上前のオープン当初からワイキキの定番スポットとして大人気の水族館は、カピオラニ公園の海側にありロケーションも最高。コンパクトな外観からは想像できないほど、充実度はハイレベル! ハワイ固有の生物、ハワイアン・モンク・アザラシなど、ここでしか会うことのできない生物たちとの出会いを求め、世界中から多くの観光客が足を運んでいます。

受付では、音声で水族館のガイドを聞くことができるオーディオツアーが無料貸し出されています。日本語版もあるので安心です。珊瑚礁エリアでは、小さくてかわいい海の生物たちと触れ合うことができるので、シュノーケリングなどが苦手な人は、ワイキキの海の仲間に最接近できるチャンスです。

ホノルルのおすすめ観光地16.カパフル通り&モンサラット通り

カパフル通り&モンサラット通り※写真はイメージです
古い街並みにレトロ感あふれる食堂や人気のスウィーツショップが点在する、ワイキキの下町的なスポットです。アサイーボウル発祥の店と言われているダイヤモンドヘッド・コーブ・ヘルスバーは、カントリー調のかわいい店内でフレンドリーな店員さんが迎えてくれるでしょう。ハワイ中のアサイーボウルを食べ歩いた人が、「ここが一番!」と豪語するハニービーポレン入りのアサイーボウルがおすすめです。
がっつり系なら、古いアメリカ映画に出てくるような外観のパイオニアサルーンのロコモコ。濃厚だけれども濃すぎない絶妙なソースがたまりません。

ワイキキビーチにも近いので、ローカルハワイを楽しみたくなったら訪れてほしいスポットです。

ホノルルのおすすめ観光地17.真珠湾(パールハーバー)

真珠湾(パールハーバー)
太平洋戦争の始まりと終わりの舞台であるパールハーバーは、歴史に興味のある人でなくても絶対に訪れておきたいスポットでしょう。現在もアメリカ軍の基地であるフォード島が、歴史を伝える施設になっています。

アリゾナ記念館や戦艦ミズーリ号、太平洋航空博物館など見どころがたくさんある真珠湾を効率的に観光するなら、日本語ガイド付きのツアーに参加することをおすすめします。人気のスポットのため、入場制限がかかってもツアーなら安心です。また、ツアーによっては、通常は入ることができない神風特攻機の激突跡なども見学できるので、自分の興味にあったツアーを探し出しましょう。

ホノルルのおすすめ観光地18.アロハ・ハンズ

アロハ・ハンズ※写真はイメージです
飛行機や時差の疲れをなかったことにしたいときには、ハワイアン・ロミロミが体験できるアロハ・ハンズへGO!身体が軽くなり、これからのハワインタイムが楽しくなるでしょう。
ロミロミとは「もむ、マッサージをする」という意味を持つハワイの言葉。古代ハワイアンから伝わる癒しの技術です。日本人のスタッフもいるので、より安心してリラックスすることができるでしょう。好きなアロマをチョイスし、個室で全身を丁寧にもみほぐされているうちに、眠ってしまう人が続出しているとか。リピーターが多いのも体験した人なら納得! 人気のお店なので予約をしていくと安心です。

ホノルルのおすすめ観光地19.クヒオ・ビーチ・フラショー

クヒオ・ビーチ・フラショー※写真はイメージです
クヒオ・ビーチは、のんびりと散歩をするのに最高のロケーション。そのビーチで、無料の本格的なフラショーを楽しむことができるんです。ほら貝を吹き、トーチに火をつけるセレモニーから始まるショーは、約1時間も開催されているので気軽に立ち寄れるのも魅力。一般の人がステージに上がりレクチャーを受けて踊る姿は、見ているだけでも楽しめます。小さい子ども達が一生懸命に踊るケイキフラは、不思議なパワーをくれるでしょう。
アットホームなフラショーは、ワイキキステイの定番にしている人も多いとか。暮れゆくビーチの光景は演出のようでもあり、ハワイの伝統を体感できるでしょう。

ホノルルのおすすめ観光地20.レナーズ

レナーズ
ハワイのマサラダ発祥のお店と言われているレナーズは、カパフル通り沿いにある老舗ベーカリーです。名物のマサラダはオーダーをしてから上げてくれるので、どこのお店のマサラダよりも軽く香ばしいと言われています。ふわふわの揚げたてを召し上がれ!
メニューは豊富ですがショーケースには写真付きのメニューもあるので、安心して注文することができます。カスタードやシナモン、チョコレートなど種類は全8種。隔月で限定のフレーバーが販売されるので、レアフレーバーのチェックをお忘れなく。パンやカップケーキも販売しているので、こちらもお試しあれ。ハワイのローカルフードは、びっくりするくらい日本人の口にもぴったりです。

いかがでしたか? 「かわいい」と「おいしい」が、ぎゅっと詰まったホノルル。特に女子旅には、やっぱりハズせないリゾート地の代表格ですね。アルバイトを頑張って、この秋冬は暖かいハワイ旅へ旅立つのはいかがですか?

執筆:つかさあおい

学生の頃から趣味だった旅行は、いつしか仕事になりツアーコンダクター歴は15年。日本国内(47都道府県制覇)と海外(12カ国40都市)を旅するように。現在は旅行ライターとしてまだまだ日本人が知らない現地ネタを情報発信中。ディープでおもしろい国内旅行、その土地ならではの海外の歩き方をご紹介します。

外部リンク(マイナビ学生の窓口)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス