最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

八代亜紀がジャズを披露! 新たなジャンルに挑戦する理由に『ノンストップ!』が迫る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(carloscastilla/iStock/Thinkstock)

11日に放送されたフジテレビ系情報番組『ノンストップ』では、演歌の女王・八代亜紀の密着取材を放送。演歌以外のジャンルに挑戦する理由とパワーの源に迫った。

■演歌の女王がジャズライブ?


デビューから46年、『雨の慕情』や『舟唄』など数々のヒット曲を持ち、「演歌の女王」と称され日本の演歌界を牽引する八代が10日、日本橋三越本店でミニライブを開催し、ジャズを披露。

これまでにも、J-POPやロックなど数多くのジャンルに挑戦する八代が演歌以外のジャンルに挑戦する理由を語った。

「楽しいから。浪曲になると若者が『ん? 浪曲?』って顔をするのがおもしろい。ヘビメタのロックの曲を歌うとおじいちゃん、おばあちゃんが『ん? ヘビメタ?』という顔をする。

だから教えてあげたい、若者を導いて引っ張ってあげたいし、年齢いった方たちには背負っていけたらいいなって思わない?」

幅広い年齢層のお客さんを楽しませてたいという気持ちが、多忙ながらも新しいことにチャレンジする原動力になっているようだ。

■ネット民は八代を称賛


ネットでは「行動力を見習わないと」など八代を称賛する声が目立っている。






■音楽を聴くのに歌詞は重要?


しらべぇ編集部では、全国20~60代の男女1,357名に「音楽を聴くのに歌詞の意味はあまり興味がない」と思うかどうかの調査を実施した。

音楽における歌詞の重要度は、多くの人の中で、どうなっているのだろうか。

©sirabee.com

「理解はできる」と答えた人は39.5%もおり、歌詞の意味を重視しない人の気持ちを尊重する傾向もあるようだ。

歌詞は曲のストーリーを作り出す重要な役割を担っている。とくに演歌は、曲の歌詞と演者の表情を楽しむことで演者の気持ちが伝わる。そんな、演歌もジャズ調やロック調になることでファンも違う感じかたをできるかもしれない。

多忙極めるだろうが八代には今後も様々なジャンルに挑戦してほしい。

・合わせて読みたい→歌詞の意味には興味なし 高齢者からは「違和感あり」の声も

(文/しらべぇ編集部・嘉手川裕太

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年6月2日~2017年6月5日
対象:全国20代~60代の男女1,357名 (有効回答数)

外部リンク(しらべぇ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス