最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

井上真央、イケメンPと「戦う」宣言 “相棒”及川光博が座長ぶりを絶賛<明日の約束>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【井上真央/モデルプレス=10月11日】11日、都内にてカンテレ・フジテレビ系新連続ドラマ「明日の約束」(毎週火曜よる9時、10月17日スタート)制作発表会が行われ、主演の井上真央をはじめ、及川光博、工藤阿須加、白洲迅、新川優愛、佐久間由衣、青柳翔、羽場裕一、手塚理美、仲間由紀恵らキャスト陣が登壇した。

◆井上真央、“相棒”及川光博と息ぴったり



今作は、誰よりも人の心に寄り添うスクールカウンセラーが突如発生した謎が残る死の原因を究明するヒューマン・ミステリー。井上が演じるのは高校のスクールカウンセラー・藍沢日向。1年B組の担任・霧島直樹を演じる及川とは信頼関係を築いていく役どころで、及川は「真央ちゃんの相棒役。相棒役は慣れているので」と自身が出演した人気刑事ドラマ「相棒」シリーズにかけ、笑いを誘う場面も。さらに「真央ちゃんの顔は何かに似ている」と切り出すと、「昨日分かった。『鉄腕アトム』に似てる」と井上と顔を見合わせるなどすっかり打ち解けた様子だった。

また、「作品に参加するにあたって自分と約束していること」を聞かれた井上は「日向は生徒に寄り添う役なので、私も現場の声なき声に寄り添って、イケメンプロデューサー(河西秀幸氏)と戦いたいなと思います」と宣言。「ちょっと(台)本が遅いぞとか、お弁当がちょっととか…(笑)」と早速主張すると、及川は「(井上は)男らしいところがある。現場が緩んでると『おっ!』とか声を出す。士気が上がる」とその座長ぶりを絶賛した。

◆ドラマ「明日の約束」



井上にとって、連続ドラマの主演を務めるのは、2015年のNHK大河ドラマ「花燃ゆ」以来。

「イケてるメンズたち、可愛い後輩、頼りになる先輩、安心感のある中、撮影が続いております。何とも言えない緊張感がある。良い作品になっていると思いますし、これからもいいドラマを目指して頑張っていきたいです」と意気込みを語っていた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

外部リンク(モデルプレス)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス