最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

大塚 愛がアーティストとしての地位を確立した楽曲とは? デビュー14周年企画第3弾

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


大塚 愛のデビュー14周年を記念して第9弾に分けて年末まで実施される、14年間のインタビュー掘り起こし企画と、配信プライスオフキャンペーン。この第3弾がスタートした。

インタビュー掘り起こし企画第3弾は、2007年2月の『CHU-LIP』インタビュー。配信プライスオフ第3弾は、3rdアルバム『LOVE COOK』で、10月11日から2週間実施される。なお、次回10月25日からは4thアルバム『LOVE PiECE』となる。

◎大塚 愛『CHU-LIP』インタビュー(2007年2月)
URL:http://bit.ly/2y8wVeW

「周りがこうだから、自分はこの立ち位置にいなきゃいけないんじゃないか」とかは、どうでもよくて。

2007年、大塚 愛は『CHU-LIP』なるシングルで世間に衝撃を与える。夏開催の【a-nation'07】にて“a-nation”ではなく“ai-nation”と書かれたプラカードを持って大人数を引きずれて行進し、自分のファンも他の出演アーティストのファンも巻き込んで、5万人による『CHU-LIP』のコミカルダンスを繰り広げるという、革命を起こした。

本人は同曲について、「この楽曲に関しては、良い意味でイライラしてほしい(笑)。「なんかムカつくけど、もう一回聴こう」みたいな。「何がしたいんだよ?この女」っていう感じではあるのに、でも気になるから最終的には聴いてしまう。で、気付いたら意味も分からず「とにかく騒ぎたいから歌いたい!」ってなる。子供たちが意味も分からず歌ってるのも面白いだろうし、大人たちが本当の意味をマニアックに楽しんでいるのも面白いし。まぁよく分かんない楽曲です(笑)。」とコメントしていたが、結果的に同曲のような笑えるナンバーから涙を誘えるバラードまで。あらゆる方向へ振り切れた音楽アプローチが出来るアーティストとしての地位を確立した。

なお、この唯一無二なスタイルのバックボーンについて掘り下げたインタビューで彼女は、「周りがこうだから、自分はこの立ち位置にいなきゃいけないんじゃないか」とかは、どうでもよくて。「じゃあ、自分はどうしたいんだ?」「楽しく生きたい!」ってなったら、その楽しく生きる姿勢を貫いていけばいいと思うんです。そうやって自分から自分を変えていけば、周りも変わっていったりする。だから自分の人生は、自分がどう感じて、どう思って、どう判断するか。それしかないと思うんです。あんまり時代に合わせて生きていこうとは思わず、なんとなく流れに乗りながらも「自分がどうありたいか」っていうのを常に持っておく」と語っている。(TEXT:平賀哲雄)

◎『LOVE COOK』」配信プライスオフ
iTunes:http://apple.co/2wNBW8U
レコチョク:http://bit.ly/2kE7bBs
mu-mo:http://bit.ly/2g0a76h


外部リンク(Billboard JAPAN)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス