最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

アキナ秋山“引っ越し超合金”の洗礼 スニーカーなどにイタズラ 被害総額400万円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 お笑いコンビ「アキナ」が主役を務め、15年ぶりに復活するテレビ大阪の「吉本超合金A」(29日スタート、日曜深夜0・35、関西ローカル)の初回収録が11日、大阪市内であり、秋山賢太(34)山名文和(37)の2人がいきなり番組名物“引っ越し超合金”の洗礼を受けた。

 午前9時に大阪城そばの同局へ入った秋山と山名。局内で「超合金のリーダーはどっちだ!?秋山VS山名9番勝負」のロケに臨み、ラブゲーム(罰ゲーム)のケツバットを賭けて勝負し、山名が勝利した。しかし、その90分間はニセのロケで、“引っ越し超合金”のための時間稼ぎ。直後の記者会見終了と同時に「見取り図」の盛山晋太郎(31)からスマホへテレビ電話で連絡が入った。いぶかしげに画面を見つめる2人。そこには仏壇と電子レンジだけが残された部屋の映像が映し出された。

 最初は首を傾げていた秋山と山名。盛山としゃべるうちに部屋の様子が分かってきた。「まさか自分のウチの和室とは気づかんかった」と秋山。「テレビも棚も全部ない…。荷物はどこ、行ったんや~」と叫んだが、そこからホントの地獄のスタート。大事にしていたTシャツはスポーツブラのように短く切られ、醤油がかけられて3枚がアウト。ン十万円するレア物など100足を大事に集めているコアなスニーカー収集家の秋山が「日本で売ってないので、わざわざ韓国へ1泊で行って買ってきた」というナイキの「エアペニー2」という代物に、盛山と「紅しょうが」の熊元プロレス(26)がカレーライスを入れてレンジで“チン”。「靴、温めてる~」と秋山が絶叫し、悶絶。「これがマジ、超合金や。あの靴、大事にしすぎて、1回も履いてないのに。頭、真っ白」と放心状態。被害総額は「400万円ぐらい」と秋山が明かした。

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス