最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

【埼玉・草加】東北の食材を生かした、貝ダシ香る青森シャモロックの鶏清湯

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
福島県二本松市に本店を構える「麺処 若武者」の県外初ののれん分け店。青森県産シャモロックや福島県三大鶏で仕込む鶏清湯(チンタン)と鶏白湯(パイタン)をベースに、会津産ユキチカラの全粒粉を使った細麺や、宮城県産の銘柄豚「JAPAN X」のチャーシューなど、東北6県の食材を生かしているのが特徴だ。

■ 「塩鶏中華そば」(730円)

鶏清湯にアサリやホタテなど5種類の貝ダシを合わせたスープは、ひと口目から素材の旨味を感じる。しっかりとしたコシのある細麺がスープとの一体感を高める。

■ラーメンデータ<麺>細・角・ストレート/製麺所:羽田製麺・140g<スープ>タレ=塩・仕上げ油=鶏油/濃度:あっさり/種類: 丸鶏+魚介(貝類)

■ 一点のにごりもない鶏スープ

鶏清湯は40リットルの寸胴に対しシャモロック2羽と鶏むね肉8kgを投入。にごらないように細心の注意を払いながら、黄金色の澄んだスープを抽出する。

■ 「濃厚福島鶏白湯」(880円)

福島県三大鶏の川俣シャモ、会津地鶏、伊達鶏をそれぞれ1日かけて別々に炊き、4日目に合わせて煮込んだ鶏白湯。濃厚な旨味に醤油ダレと塩ダレが溶け合う。【東京ウォーカー】

https://news.walkerplus.com/article/120790/

外部リンク(Walkerplus)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

グルメ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス