最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

日々の買い物…あなたは現金派? それともカード派?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


日々の買い物などに欠かせない代金の支払いですが、昨今の支払い方法の多様化により、人によって現金派やクレジットカード派などさまざま。

そこで今回、ソフトバンク・ペイメント・サービス株式会社は、2017年9月15日~18日の期間において、全国の20~49歳の男女500名を対象に「普段の買い物時の支払い方法」についてアンケート調査を実施。このたび、そのアンケート結果が発表されました。



まずはじめに、普段の買い物などでの支払い方法を聞いてみたところ、1位は「現金」が56.0%と半数以上を占める結果に。次いで2位は「クレジットカード」で39.8%でした。日常の支払いにおいては、まだまだ現金で済ませている人が多い現状が明らかとなりましたが、現金での支払いについて回るのがATMや銀行でお金を引き出す際の、手間や手数料。



「現金」派の280人に、月にお金を引き出す頻度を質問したところ、半数近くの45.4%の人が「1回」と回答。



また、普段現金で支払うことに対して感じている不満を「現金」派の280人に質問してみたところ、最多は「財布が小銭でパンパンになってしまう」で30.4%。また、月に1度しかお金を引き出さない人が多いことから「大金を持ち歩く際になくすのではないかと不安になる」(23.2%)という声も。



普段の現金での支払いに少なからず不満を抱きながらも、クレジットカードを利用しない理由を聞いたところ、1位は「無駄遣いをしてしまうため」で48.2%。限度額を超えない限りは使えるため、使い過ぎを警戒して利用していない人が多いようです。2位は「利用金額が把握しづらいため」で24.6%。3位は「盗難やスキミングなどされる可能性があるため」の12.1%でした。



昨今のスマートフォンの普及に伴い、スマホの新機能で使ってみたい、または使って便利だった機能を質問したところ、10%の人が顔認証でのロック解除と支払いができる機能に興味を示していることが分かりました。クレジットカードを使わない理由の3位と同様に、金銭面にかかわるセキュリティ面は多くの利用者にとって気になる点のようです。そのほか、「おくだけ充電機能」や「ウォレット(決済)アプリケーション」なども票を集めました。



最近は、スマートフォンをかざして支払いをすることができるアプリなども話題となっていますが、「現金」派の280人にこうしたサービスの利用意向を聞いたところ、過半数の51.8%が「利用したい」と回答。便利でかつスマートな支払い方法に興味がある人が多いことが見て取れました。



また、クレジットカードやアプリなどでの支払いには、ポイントやマイルが貯まるものが多いため、どのポイントを貯めている人が多いのかについても調査。圧倒的に多かったのはTポイントで75.6%。2番手のpontaポイントや3番手の楽天ポイントに20%以上の差をつけるという結果となり、実に4人に3人とに多くの人に支持されていることが分かりました。



今回のアンケートを実施したソフトバンク・ペイメント・サービス株式会社が発行するソフトバンクカードは、利用金額に応じてTポイントがどんどん貯まる年会費・入会費無料のプリペイドカード。10月31日(火)まで、クレジット機能(おまかせチャージ)の入会&利用でもれなく5,000円分のTポイントがプレゼントされるキャンペーンを実施中です。

日々の買い物での支払いにストレスを感じている人は、この機会にぜひチェックを。

外部リンク(Entame Plex)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス