最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

【どんなクルマと、どんな時間を。】日産 ラシーン(初代)× 真面目な見習い醸造家

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

車は単なる移動の道具ではなく、大切な人たちとの時間や自分の可能性を広げ、人生をより豊かにしてくれるもの。車の数だけ、車を囲むオーナーのドラマも存在する。この連載では、そんなオーナーたちが過ごす愛車との時間をご紹介。あなたは『どんなクルマと、どんな時間を。』?

▲仕事の汗を拭う川野さん。空の青と山の緑、そしてラシーンの水色がさわやかだ
▲仕事の汗を拭う川野さん。空の青と山の緑、そしてラシーンの水色がさわやかだ ヘタりを含めて「キャラクター」

青い空に向かって切り立つ緑の山肌。一面を覆うのは、収穫を待つブドウの木々だ。その間を縫うように、水色の車が1台、駆けていく。この地で働く川野寛さんの愛車 ラシーンだ。
ここは、栃木県足利市にある「ココ・ファーム・ワイナリー」。指定障害者支援施設「こころみ学園」の園生とともに100%日本のブドウから自家製ワインを醸造し、販売している。
川野さんが醸造家を志しここへきたのは、ほんの1年前のことだ。それまでは編集業をしていた。しかし昨年、「自分が本当にやりたいことは何か」をじっくり考え直し、出た答えが「ワイン造り」だった。今はここで、ブドウ栽培とワインの醸造を学んでいる。
▲ブドウ畑の小道を走るラシーン。何だか日本だとは思えない
▲ブドウ畑の小道を走るラシーン。何だか日本だとは思えない

愛車のラシーンは、人から譲り受けたものだ。ボディはところどころへこんだり錆びたりしているし、最近のSUVに比べれば、安全装備やら走破性能は劣っているし、正直「快適」とは言い難い。でも、そんなところも含めて「キャラクター」のように思え、年々愛着が増しているのだという。
劣っているところも憎めない。自分も同じペースで寄り添いたくなる。そんな気持ちは、一緒に乗る奥様も同じだそうで、ヘタったシートを撫でながら「動かなくなるまで、大事に乗ろうね」と話したそうだ。
今はこの地で、一人前の醸造家を目指し日々汗を流す川野さん。いつか、自分のブドウ畑とワイン蔵を持てるようになるその日まで、ラシーンもがんばってほしい。

▲真っ黒に日焼けした肌に果汁が染み込んだ指先。「まだまだ見習いなので……」と遠慮がちに笑っていたが、出で立ちはすっかり職人のようだった
▲真っ黒に日焼けした肌に果汁が染み込んだ指先。「まだまだ見習いなので……」と遠慮がちに笑っていたが、出で立ちはすっかり職人のようだった

~どんなクルマと?~
■日産 ラシーン(初代)
ユニークな見た目とは裏腹に、全モデル4WDで走破性も高く、また荷物を積んでも大人5人がしっかり乗れるなど、実用性は高い。1993年の東京モータショーに参考出品されたものが大変好評だったために、市販化されたという経緯がある。

▲日産サニーをベースにRV風のワゴンタイプのボディを載せている
▲日産 サニーをベースにRV風のワゴンタイプのボディを載せている

~どんな時間を?~
■「行き先のことを考える時間」

▲愛車との時間は…
▲愛車との時間は…… この車を探してみる連載「どんなクルマと、どんな時間を。」過去の記事はこちら
【取材協力】
ココ・ファーム・ワイナリー 栃木県足利市田島町611 Tel:0284-42-1194
text/編集部 井上恵利
photo/早川佳郎

外部リンク(日刊カーセンサー)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス