最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

広末涼子、37歳の見た目が「年相応?」「奇跡?」で大論争勃発のワケ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 10月4日に放送された「今夜くらべてみました」(日本テレビ系)に広末涼子が出演し過去の引退危機などを明かし話題となったが、そんな彼女を紹介する際に使われた「奇跡の37歳」というフレーズをめぐって今、ネット上で熱い議論が交わされているという。

「彼女は1980年生まれの37歳。この日は、同い年の佐藤仁美、ピースの又吉直樹も一緒に出演していました。視聴者は、広末と佐藤が“タメ”であることに驚いていました」(芸能記者)

それもそのはず、佐藤は1995年のホリプロスカウトキャラバンで、4万人の中からグランプリに輝いた、スターの卵。デビュー当時はその名に恥じぬ活躍をし、水着写真集も出版していたが、気づけば今のように声も酒やけし、激太り。この日、番組で隣にいた広末とのスタイルの違いに驚いていた人も多かったようだ。

そして番組では広末のことを「ウソみたいな透明感、奇跡の37歳」という触れ込みで紹介していた。

実際にSNS上では、「広末涼子って37でこの透明感とか奇跡だな」「テレビ見てるんだけど広末涼子さんが奇跡的に可愛い」と、37歳にもかからず高い透明感を放っていることに対する称賛の声があがっていた。

しかし一方で、「現在の37歳はみんな若いし綺麗ですよ。いつの時代と比較してます?」「広末涼子少し太ったのかなぁ? 髪型かな…? 役作りかわからないけど年相応に見えてきたかも」といった書き込みも散見された。つまり「奇跡の37歳」は、“言いすぎ”“大げさ”という意見だ。

でも、もしアナタの目の前にヒロスエが現れて誘惑してきたら、「年相応」と言い切り、断る自信はおありだろうか?

(魚住新司)

外部リンク(アサ芸プラス)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス