最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

スキンケアは30代で見直しが必要! 自分に合ったお手入れのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
女性の美しさは、お肌そのものの美しさに大きく左右されるものです。印象を変えてしまう原因は、日ごろのスキンケア習慣! 30代からは特に、20代の頃とは一味違った丁寧なスキンケアを心がけて。30代から意識したいポイントをご紹介します!



■今の自分の肌質をチェック! あなたは今、自分自身のお肌の状態をしっかり把握できていますか? 例えば「20代のころ、コスメカウンターで肌質をチェックしてもらったら、脂性肌と言われた」という人の場合、それ以来ずっと脂性肌向けのスキンケアアイテムを活用しているということもあるのではないでしょうか。

しかし、年齢を重ねたり環境が変わったりすることで、肌質は変化を続けます。以前は脂性肌だったという人も、年齢を重ねるごとに水分が失われ、乾燥しやすい肌に変わってしまうこともあるんです。

30代の敏感な肌に、本当に効果的なスキンケアをするためには、常に「今の肌に1番合ったもの」を選ばなければいけません。できれば、数週間から1、2ヶ月に1度程度肌質をチェックしてもらい、そのときの自分の肌にぴったりなスキンケアアイテムを活用しましょう。



■気になる部分には、ポイントアプローチを30代に突入すると、顔の「気になる部分」が増えてくるのではないでしょうか。例えば目もとや口もとに、シワやたるみ、メイクがのりにくい箇所などを見つけたことはありませんか? 小じわやほうれい線があるだけで、若い人でも一気に老けた印象に見えてしまいます。

ちょっとしたポイントが気になるという人は、部分的に集中ケアをするのもおすすめです。目もとが気になる人なら「目もと専用美容液」を手に入れて、いつものスキンケアの手順にプラスしてみて。

基本的なスキンケアの方法は変えなくても、気になる部分をしっかりケアできます。目立つ部分のシワやたるみがなくなるだけでも、顔全体の印象が明るく、若々しいイメージに変わるのでぜひ試してみて!



■肌の状態に合わせて、アンチエイジングも検討アンチエイジングと言うと、年齢を重ねた女性のためのスキンケアというイメージがあるのではないでしょうか。30代の女性の場合「まだアンチエイジングをはじめるのは早いのでは?」と感じるかもしれませんね。しかし、実年齢と肌年齢は必ずしも同じではありません。

30代でも10代のようなすべすべ肌の人がいれば、その逆もあり得ます。特に、シミやシワ、たるみやくすみなどは深刻化してから慌ててスキンケアに励んでも、すぐには解決に導きづらいものです。

「気づいたときにはシワやたるみが悪化していた」というトラブルを招かないためにも、早めの対策が欠かせません。アンチエイジングの目的は、肌のターンオーバーを促したり、血流を改善したりして、生まれたてのような美しい肌を取り戻すことです。

「年齢を重ねたから、アンチエイジングをする」のではなく「肌をよみがえらせるためにアンチエイジングをする」のです。肌の状態に合わせて適切なケアをする上で、アンチエイジングも1つの手段として検討してみましょう。

■値段やレビューに惑わされちゃダメ「高い化粧品には、それだけの効果がある!」と信じている人は多いのではないでしょうか。しかし実際は、高ければ良い商品で、安ければ悪いというものではありません。ハイブランドでもプチプラブランドでも、自分に合うアイテムこそが「良い商品」です。

「きっと効果があるだろう」という思い込みをいったん辞めて、本当に自分自身に合っているスキンケアを探すことも30代のうちにしておきたいですね。

また、値段と同じく気にしてしまいがちなのが「レビュー」です。インターネット上でコスメやスキンケアアイテムについて調べると、使用した人のクチコミがたくさん出てきます。しかし、こちらも過信するのはNG。

スキンケアアイテムとの相性は一人ひとり違うため、周りが絶賛している商品でも、自分に合わないことは珍しくありません。自分の肌質をしっかり把握して良い状態へ導くためにも、レビューを過剰に気にしすぎないようにしましょう。



■自分に合ったスキンケアで、30代の印象は変わる! 30代のお肌は、ちょっとした違いで老けて見えたり、若く見えたりします。だからこそ、これまでのスキンケアにプラスアルファの気遣いをしてあげたいですよね。ご紹介した内容を参考に、30代からのスキンケアを見直してみませんか?

Written by ちあり


外部リンク(恋学)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス