最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

中川大志、憧れの白衣姿に「テンション上がりました」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
京都府警科学捜査研究所(通称:科捜研)の研究員たちが事件に挑む、沢口靖子主演の連続ドラマ「科捜研の女」(テレビ朝日系)が、10月19日(木)夜8時よりスタートする。

第1話のゲストである江藤壱役・中川大志にインタビューを行い、出演が決まった感想や沢口靖子の印象などを聞いた。

――長寿ドラマ「科捜研の女」に出演が決まっての感想、また作品へのイメージを教えていただけますか?

僕は1998年生まれなんですが、「科捜研の女」は1999年から始まっていて、ほぼ僕と“同い年”の歴史ある作品。気が付くと、ふとその時間にテレビをかけて見ているときもある作品です。

警察の中でも科学捜査が専門のチームの話なので、事件が起きた後、白衣を着た皆さんが研究所で1つ1つ謎をクリアしていく、それぞれの仕事をしている姿はすごく格好いいなと思いました。

それに“現場で走ってる刑事さん”とは違う格好良さがあるなと思っていたので、今回白衣を着られてすっごくうれしかったですし、テンションも上がりましたね。

――中川さんが演じられる江藤は優秀で真面目で頑固という印象を受けましたが、中川さんが思う江藤像は?

とにかく頭の切れる優秀な青年。普段は、民間の科学研究所という、警視庁の科捜研とは違うところで科学捜査の研究員として仕事しているんですけど、今回1つの事件を通して科捜研チームの皆さんと一緒に仕事することになります。

実は、江藤は元々科捜研を志望していて、面接を受けて、そこで採用されずに民間の研究所で働いてるんです。今回、過去に自分が行きたかった職場の人たちと一緒に仕事することになるので、すごく自分の仕事にプライドを持っているというか。絶対なめられたくないし、負けたくないっていう意地を持っています。

とにかく頭もいいし、仕事もできるんですけど、ちょっとものの言い方、人との関わり方が不器用なところもあって。特に同じ世代、年の近い呂太くん(渡部秀)ともちょっと捜査の方向性とか、考え方でちょっとギャップが出てきりとかしていく。不器用な部分はとにかく不器用な人だと思います。

――ご自身が江藤に似ているところ、違うところはありますか?

僕とは全く似ていないと思います(笑)。台本を読んで、まず「この人は何を喋っているんだろうな」って(笑)。彼が何を言っているのかというのを、とにかく1つ1つ理解するのを頑張りました。

難しいことをものすごく淡々と、スラスラと、自分のペースで喋り続けるので。それに優越感もあるのかな? 自分の意見を発信するのは、芯があるキャラクターだからなのかなと思うんですけど、その発信の仕方が不器用なので、人間関係がギクシャクすることもあります。

でも、それが科捜研の皆さんとの出会いによってどうなっていくのかというのが、やっていて面白かったですね。自分とは全く違う役なので、演じていてより楽しい部分ではありました。

――江藤と自分は似ていないとおっしゃっていましたが、「科捜研の女」に出てくるキャラクターで、自分に似ているなと思う人はいますか?

いや~、あまりいないですね(笑)。それに江藤のように「それは違うと思います」「僕はこうだと思います」って、年齢とか立場とか関係なく自分の意見をあそこまではっきり言うことはできないと思うんですよ。

しかも、新しく入った現場でそう言える人、特に若い世代ではなかなかいないと思うんですよね。でも、そういう部分は共感できます。

――共感ですか?

はい。ちゃんと先輩後輩や年齢も関係なく、立場も関係なく相手にはっきりとものを言える、外に発信できるっていうことは、それが正しいか間違っているかは別として、すごく魅力的だなと思います。

仕事する上で、自分の意見とか思いは、発信しないと伝わらないので、それは僕もすごく大事なことだなと思っているところです。

確かに江藤はちょっと言い方に難があって、キツイところもあったりするんですけど、そこはすごく魅力的だと思うし、自分もそうありたいなと思っていますね。

――「科捜研の女」は長寿シリーズですし、ゲストとして参加するのは苦労されましたか?

とにかく本当に長い歴史がある作品で、スタッフの皆さんもキャストの皆さんも、現場の雰囲気が出来ている中、僕がゲストとして参加させていただいたので、かなり緊張感はありました。

皆さん、前のシーズンからずっと一緒にやっているチームなので、第1話の撮影が始まって間もないとは思えないくらい空気が出来上がっていたんです。僕も最初は緊張感あったんですけど、皆さん温かく迎えてくださいました。

――その中で、中川さんなりに意識して取り組んだこととかありますか?

とにかくかき乱そうと思っていました。今回外部から入ってきて、かなりアクの強いキャラクターでもあるので、皆さんそれぞれのキャラクターとか関係性が出来上がっている中で、一生懸命、生意気に皆さんの空気を壊していけたらいいなって。

――実際、それはうまくいきましたか?

とにかく、楽しかったですね(笑)、江藤というキャラクターは自分を持っているキャラクターだし、クセのある、とっつきにくい役なので、本当はちょっと和気あいあいと共演者の皆さんと話したかったんですけど、気まずくて(笑)。でも、芝居はすごく楽しくやらせていただきました。

――「白衣がうれしかった」と仰っていましたが、自分の白衣姿や、格好いい白衣を着て演技をされた感想は?

まず僕自身、今まで学生の役が多くて、仕事をしている年齢の役を頂くことがあまりなかったのですが、医者だったり、研究所員とか、そういう職業を演じるっていうのにちょっと憧れがあったので、今回科学捜査をするキャラクターということで、白衣を着られることがうれしかったです。

江藤は民間の人間なので、京都府警の科捜研の皆さんの白衣とは違うデザインの物を着ているんですね。それがまた、格好いいんですよね! すごくシュッとしていて、スマートで。正直、自分でも「あ、すごい似合っているな!」と思いましたね(笑)。

現場でも隙あらば鏡を見て「いいなぁ」と思いながら、写真を撮ってもらいました(笑)。なので、白衣を着て場に立つとすごく身が引き締まるというか。一瞬で江藤に入れる、いわゆるユニホームですね。スイッチが入る感じはしました。

――スタッフの方や共演者の方に、白衣姿を褒めてもらいましたか?

初めて白衣を着て出てくるシーンで、皆さんに「格好いい」って言っていただいて。僕のはシルエットが細いんですよね。風間(トオル)さんにも「いいなぁ、すごくそっち、格好いい」って言っていただいて、すごくうれしかったです。

――今回の、中川さんとしての見どころは?

見どころとしては、キャラクター1人1人が個性豊かで、それぞれの色がある科捜研チームに、江藤がポンッと新しく入るので、異色な感じがすると思うんです。

江藤という人間は、言っていることは間違っていないんだけど、それぞれ信念を持って仕事をしているマリコさんたちと対立するような場面もあるんです。ただ、江藤には江藤なりの信念っていうのがあって…。

それが、事件を解決するために一緒に仕事をしていって、そこに行き着くまでのプロセス、考えの違いの中で、どういうふうに事件が解決していくのかなというところです。

なので、あらためて皆さんのキャラクターがそれぞれ浮き彫りになるのかなって思いますね。外から新しい者が入ってくることによって、科捜研チームの皆さんのキャラクターっていうのが、しっかり見えてくると思うし。

その中で自分を突き通していく江藤というのも、演じていて面白かったです。ここからどう関係性がバチバチしていくのか、それとも1つの仲間になっていくのか、そこの進展は楽しみにしていただけたらなと思います。

――もし今後、また出る機会があったら、江藤のどんな部分を演じたいですか?

僕個人の希望としては、今回仕事場での江藤がメインなんですけど、今後どこかで江藤のパーソナルな部分を出せたらいいなと思います。

めちゃくちゃ変な趣味があるとか、そういうちょっと愛らしい、人間性のある部分が見え隠れしたら、より江藤のキャラクターが「現場ではあんなんだけど、実はそういうところもあるんだな」って面白くなるなと思いました。

――仕事に対するプライドを持っている江藤ですが、中川さんが持っている俳優としてのプライドは?

僕以外にも役者をやっている方はたくさんいるので、そんな中で僕にこの役がきた以上は、終わった後に「こいつにやらせて良かったな」って、「きっとこの役は僕にしかできなかったな」って言ってもらいたいし、自分の中でもそういう思いでやり切りたいです。

自分にしかできない表現、武器はいっぱい持っていた方がいいと思います。さらに、見る側の人が「この役者が出ているんだったら見たいな」って思ってくれたら、それはすごくうれしいし、そうなれたらいいなって思っていますね。

――京都の撮影所の雰囲気は?

僕、京都は初めてだったんですよ。今まで京都で撮影がなくて、今回、京都の東映で撮影していたんですけど、よく「京都は怖い」「京都は厳しいぞ」って聞いてたので、正直かなりビビってたんです。

でも、スタッフの皆さんもすごく優しく温かく迎え入れてくださって。東京ではなじみのないルールもありましたが、それもすごく勉強になりました。「ここで科捜研の作品の長い歴史が、ずっと作られてきたんだなあ」というのは、感じていました。

――京都の現場の、東京と違うルールというのは何ですか?

細かい部分では、例えば入り時間が出ていないとか、決まっていないんですよ。開始時間だけ決まっていて、そこから逆算して自分で入って、衣装を着て、メークして。

普通は「この時間に入りましょう」って、時間が出ているのが当たり前だと思っていたんですけど。まあ、そういうこととか、他にも細かいところがいろいろ違いましたね。

――そういうルールに混乱されたり、大変な思いはされましたか?

そうですね。慣れはしましたけど、最初はちょっと(混乱しました)。勉強になりました。「こういう感じなんだな」って。

――撮影の合間に、京都は楽しまれましたか?

そんなに京都らしいことはしていなんです。串カツは食べました…って、串カツって京都らしいですかね(笑)。あとは、車折神社という芸能の神社があるんですけど、お参りに行ったくらいですかね。そんなに撮影以外での時間は、京都らしいことはしていません。

――ことしの6月に誕生日を迎えて、19歳になられましたが、10代最後の1年をどう過ごされたいですか?

ずっと「若いなー、若いねー」って言われてきましたが、学生でもなくなりましたし、そろそろそんなに若くもなくなってきたので、それがすごく寂しいんですよ。ぶっちゃけ「早く大人になりたい」って思っていたんですけど、そうやって周りから「若いねー」ってちやほやされなくなるのが切ないです(笑)。

だからラスト1年は、「10代」という若さをアピールしまくっていきたいです(笑)。10代だからどうなんだ?という、はっきりしたものはないですけど。

僕、10代でしか役者をやっていないから、10代最後の作品とか、10代のうちにやらせていただいた作品は、意味があるのかなと勝手に思っています。

今やれることをやっていくってだけなんですが、いろんなところで、とにかく「10代です!」と、いっぱい言っていきます! 20歳になったら言えないので(笑)。

https://news.walkerplus.com/article/123340/

外部リンク(ザテレビジョン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス