最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

別の道を決断! 長く付き合ったカップルが別れる理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



カップルが次の段階として考えるのは結婚です。長く付き合った相手となれば結婚を意識することが多いですが、意外と別れを選んでしまう場合も多くあります。しかしその交際期間の長さから、別れを決断することには大きな決意が必要になります。
今回は長く付き合ったカップルが別れを決断する理由を4つ紹介します。

結婚を意識できない



「20歳の頃から10年間付き合い同棲もしていた彼氏がいましたが、いざ結婚の話が出た時に不安になってしまいました。彼の収入は不安定で生活費のほとんどを私が出すこともたびたびありました。私もそんなに稼いでいる方ではないので、これから一生自分が彼を養っていくのは無理だと思い別れを切り出しました」(幼稚園教諭・35歳)

▽ やはり長く付き合っても結婚を考えられないという場合は別れてしまうことが多いようです。収入面の不安や浪費家などの金銭的な問題、ケンカや性の不一致などの生活面での問題などカップルにより理由は異なりますが、長く付き合いお互いのことがわかったからこそ結婚を意識できないというカップルの多くは別れを選択します。

異性として見られなくなった

「付き合って7年、同棲3年になった時に彼女ともう2年も性行為をしていないことに気づきました。家族みたいな存在と言えば聞こえはいいですが、関係はただの同居人という状態でした。別れを伝えたところ、彼女自身、私のためにオシャレしたいという意欲がなくなり同じ気持ちだったみたいです」(IT企業勤務・32歳)

▽ 付き合いが長くなると家族のような関係になると言いますが、いいことばかりではありません。家族と言えど、男性と女性です。異性として見られなくなってしまうというのは、異性として意識しなくなったということです。破局を迎えたくないのであれば、お互いに性を意識するように心がけることが大切になります。

他に好きな人ができた



「6年付き合い2年同棲した彼とそろそろ結婚かなと思っていたのですが、真面目な顔で切り出されたのはプロポーズではなく別れ話でした。理由は好きな人ができたとのことで、状況を飲み込めないまま実家に帰りました。ショックでしばらく立ち直れなかったのですが、同棲してから彼のことを尊重できていなかった自分にも責任があると気づきました」(食品会社・29歳)

▽ 異性として見られなくなったという理由の延長で起こりやすいのが、他に好きな人ができたという理由です。相手を異性として見られなくなるとどうしても他の人に目移りしやすくなってしまいます。特に長く付き合ったカップルほど、新たに出会った相手に新鮮さを感じやすくなります。付き合いの長さにあぐらをかいていると相手は他に好きな人を作ってしまうかもしれません。

将来のビジョンにズレがある

「5年付き合った彼女にプロポーズして、互いの親にもあいさつを済ませました。しかし具体的な結婚後の話をしたところ、大きなズレがありました。自分は早く子どもを産んで家庭に入って欲しかったけど、彼女は仕事を続けたいからあと5年くらい待って欲しいと言われました。他にも意見の相違があり、結局折り合いがつかずに別れることになりました」(税理士・38歳)

▽ 結婚を意識していても別れるのが、将来のビジョンにズレがあるパターンです。長く付き合って気が合っていたとしても実際の生活に望むものが異なっていることがあります。今は男女共にライフスタイルが多様化しているので、この問題にぶつかってしまうカップルはとても多いです。お互いに譲れるところは譲ればいいですが、絶対に譲れないとモメる箇所がある場合このまま一緒にいることは難しくなります。

外部リンク(女子力アップCafe Googirl)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス