最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

スノボしながら買い物三昧!? 氷の教会でラブ運up!? 冬こそ楽しいリゾート情報お届け!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


創業103年を迎える星野リゾート。国内外37施設を運営しており、『星のや』『リゾナーレ』『界』と3つのサブブランドとその他宿泊施設があります。今回は数々ある星野リゾートのなかでも、冬にとっておきのステイができる施設とその魅力をお伝えします。さらに新ブランドのホットな話題もご紹介しますよ。

■ 北海道トマムに日本初のスキーイン&アウトヴィレッジがオープン

「スキーイン&アウト」というなじみのない言葉ですが、ヨーロッパなどではよくある施設で、スキーやスノーボードで滑走しながら食事や買い物を楽しめる施設だそうです。そんなスキーイン&アウトができる『ホタルストリート』が北海道最大級の滞在型スノーリゾート『星野リゾート トマム』に2017年12月19日にオープンします。

ゲレンデの中腹に位置し、食事や買い物を楽しめる9つの店舗がウッドデッキで繋がった全長約160メートルの施設です。もちろんスキーやスノーボードをしない方でも利用でき、星野リゾートが運営する初めてのcafe&bar『つきの』とsweets shop『ゆきの』などのレストランで素敵なお食事やショッピングを楽しめます。

■ まるでプリンセス。「氷の教会」と「氷の街」へ

さらに2017年12月10日~2018年3月中旬までの期間、12棟の氷に囲まれたドームが並ぶ氷の街『アイスヴィレッジ』が登場します。氷のグラスでのお酒や氷や雪をテーマとしたスイーツも味わえるんです。

そして女の子がまるでプリンセスのような気分になれる幻想的な教会『氷の教会』も見ものです! 祭壇や十字架、バージンロードや椅子も氷できており、継ぎ目がない一枚の氷には、「2人の純粋な気持ちが、途切れなく続く」という想いが込められているそうです。カップルの旅にもいいですよね。

■ 青森で「雪景色」×「祭りの熱気」でゆらめく幻想的な世界へ

ところ変わって、青森の文化を満喫できる宿『星野リゾート 青森屋』では2017年12月1日~2018年4月1日の期間に「雪ん子×ねぶた灯篭まつり」を実施します。雪景色のなか、青森ねぶた祭の要素を敷地内にちりばめ、色とりどりに光る灯篭が飾られています。ダイナミックでゆらめく幻想的な雪景色を楽しめます。

「ねぶり流し灯篭」も実施され、露天風呂を囲む池にねぶたの山車と小灯篭が浮かび、お風呂につかりながらも光かがやく雪景色を楽しめます。

■ 冬のグランピングはさらにおもしろい!

続いて、日本初のグランピングリゾート『星のや富士』では、2017年12月1日~2018年3月15日の期間限定で「冬の森グランピングリトリート」プランが開催されます。寒い冬にグランピングなんて! とお思いの方も多いかもしれませんが、このリゾートでのグランピングは気軽に心地よく体験できるため今まで知らなかった冬の魅力を発見できると人気なんです。

トレッキングをした後は蜜蝋ハンドクリーム作りやハーブサウナを楽しめるなど、女子目線でプランが組まれ、大自然のなか整った施設での究極のリラックスを味わえます。さらに星空観察やこたつで温もりを感じながら野外で鍋を楽しむなど、冬の自然を楽しめるのも魅力です。

そのため、ここでグランピングを体験したゲストの95.5%が冬のグランピングに満足しているとの結果も出ています。

■ 芸舞妓さんと楽しむ女子会

また、京都府・嵐山にある全室リバービューの旅館『星のや京都』では2018年2月10日~28日の期間、京都で芸舞妓と楽しむ女子会「花街サロン」が開催されます。宿泊者だけが参加できる無料のアクティビティで京スイーツを楽しみながら舞妓さんとの女子トークを楽しめ、スキンケアについてや休日の過ごし方、お稽古についてなど普段は聞けない話も聞けちゃいます。(男性も参加可能です)

■ 温泉好きは『星野リゾート 界』に集まれ

寒い冬は温泉ですよね。星野リゾートの温泉旅館ブランドといえば、『界』。現代のくつろぎを追求した新たな温泉旅館の魅力を発信しています。「うるはし現代湯治」を掲げ、温泉の本質や正しい入浴法などを提唱。温泉の魅力をたっぷり満喫でき、美肌作りに一役買ってくれそうですね。

また、長野県大町市にある『星野リゾート 界 アルプス』は2017年12月21日に再開業するそう。東京からもほど近く信州の魅力と美味しい料理、温泉をゆっくり堪能してみてはいかがでしょうか。

■ 星野リゾート 新ブランドが誕生!

最後にご紹介するのは星野リゾートに新しく誕生した新ブランド『OMO(おも)』です。オフィシャルサイトも2017年10月5日(木)にオープンしました。旅行には行くけれど、宿泊費は抑えたいからとビジネスホテルに滞在した経験はありますよね。

このブランドの宿泊施設は利用者からの「ビジネスホテルは、都市部で便利だけど旅行で使用するにはテンションが下がる」という声に注目して「寝るだけでは終わらせない、旅のテンションを上げる都市観光ホテル」をコンセプトとしています。

テンションを上げてくれるもののひとつに、街のおすすめトピックスを満載したホテル近郊マップというのがあります。ここには、一般のガイドブックでは知り得ない地元の人ならではの情報がたくさん詰まっていて、旅の楽しさがさらに倍増すること間違いなし! 現在、北海道・旭川の『星野リゾートOMO7 旭川(ほしのりぞーと おもせぶん あさひかわ)』と東京・大塚にある『星野リゾートOMO5 大塚(ほしのりぞーと おもふぁいぶ おおつか)』の2軒があります。

都市型のホテルではありますがビジネスホテルとは異なる魅力がつまっているとのことで今後の展開が楽しみですね。

■ 冬の旅に出かけよう

日本は四季があり、それぞれの魅力を味わえるというすばらしい国です。冬は冬だけしか味わえない旅があり、星野リゾートの施設はその魅力を活かしたプランと施設を用意しているそうです。ぜひみなさんも自分にあった旅を星野リゾートで体験してみてはいかがでしょうか。誰かと過ごしたり、美しい景色を見たりと、寒い冬が100倍楽しめること間違いなしですよ。




外部リンク(ananweb)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス